油断禁物!20代女性の抜け毛の原因とは

抜け毛は男性に起こるものと思っていませんか? 20代の女性の場合でも抜け毛は起きます。精神状態や身体的不調が原因です。生活習慣を見なおして健康な頭皮を手に入れましょう。

抜け毛の原因

ストレス

まず、頭皮悩みを引き起こす大きな原因となるのが、ストレス。ストレスを受けることで血管が収縮。そのため血行が悪くなり、髪に栄養分が行き渡りづらくなった結果、抜け毛や薄毛につながることが多いようです。

ストレスによる抜け毛で女性に多い症状が、“びまん性脱毛症”。加齢やストレス、食生活の乱れなどから起こりがちな症状です。
男性の抜け毛とは違い、髪の分け目や頭皮全体が薄くなることが多いようです。

2.出産後

分娩後脱毛症と呼ばれています。出産後、女性ホルモンを正常化させる時期に毛髪サイクルの働きが弱まり、抜け毛が多くなるという現象。その間にストレスなどが加わると、その期間が長期化して改善するのが難しくなるケースもあるようです。

3.毎日同じ髪型をしている

ヘアスタイルが大きな原因となって起こる牽引性脱毛症。毎日同じようなアップスタイルの髪形をしていたり、ポニーテールをして引っ張られた部分が薄くなるという現象です。牽引性脱毛症は、髪を結ぶ際の引っ張りによるものなので、通常の髪形に戻すことで、薄毛も治ります。

このような原因のわかっている抜け毛なら改善しやすいのですが、漠然としたストレスが原因だと、逆に根本からの改善が難しかったりします。そこで、やはり心がけたいのは、ライフスタイルの見直し。

・安定した睡眠を毎日とる
・自分のストレス解消法を知っておく
・髪に良い栄養素を積極的に摂る
・毎日のバスタイムなど、リラックスできる時間を有効に使う
・髪に負担をかけない

毎日のストレスや生活習慣の乱れを改善するための、自分なりの方法を見つけることが大切です。