頭皮に良くない?薄毛と整髪料の関係とは

ヘアスタイルのセットに欠かせない整髪料ですが、薄毛を進行させたりしないのか不安に思う人もいませんか?今回は薄毛と整髪料の関係について解説していきます。

整髪料は頭皮についてしまうと薄毛の原因に

整髪料は使いすぎると、頭皮に刺激を与えてしまったり、毛穴をつまらせてしまうことによって抜け毛が増え、薄毛が進行してしまうこともあります。特に粘度の高いセット力の強い製品を使う場合は、毛穴をつまらせやすいため注意が必要です。

また、整髪料には合成界面活性剤が使われており、長時間髪の毛に付着させておくとダメージをすすめてしまったり、髪の毛を細くしてしまったりということもあり得ます。整髪料を使う場合には後のヘアケアを十分に行う必要があります。

整髪料はきちんと洗い流そう

整髪料を使用した後のケアは、髪の毛や頭皮に整髪料を残さないように丁寧にシャンプーをして落とすことが大切です。整髪料によってはかなり落ちにくいものもあります。

そこで、シャンプーの際にはしっかり頭皮を濡らし、お湯で一度洗う予備洗いを行った上でシャンプーするときちんと整髪料を落とすことができます。また、髪の毛だけでなく、頭皮をきちんと洗うことを意識してください。整髪料が頭皮に残ってしまうと頭皮トラブルや抜け毛を引き起こしてしまいます。

薄毛の人にダメージの少ない整髪料とは

整髪料にもさまざまな成分のものがありますが、特に安価のものは強い界面活性剤が使われていることが多いため髪の毛のダメージを起こす可能性があります。また、強い香料を使用しているものは頭皮が刺激を感じてかゆみなどのトラブルの発生にもなりかねません。

価格で選ぶのではなくなるべく頭皮にやさしい整髪料を選ぶようにしましょう。セット力についても強いものは落としにくいため必要以上のセット力を持つ製品は避けた方がよいでしょう。

薄毛の人がセレクトすべき整髪料とは

薄毛の人が整髪料を使用する際には、特に頭皮につかないように注意しなければなりません。おすすめはワックスタイプの整髪料です。ワックスはスプレーやジェルと違って髪の毛自体に塗ることが容易で頭皮への付着を最小限にすませることができます。

スプレーやジェルなどが流れたり広がりやすく、頭皮についてしまうと頭皮の脂と結合して落としにくくなり毛穴づまりをはじめとした頭皮トラブルの原因となります。

整髪料の使い方も頭皮の健康に大いに関係します。薄毛が気になる方は整髪料の種類や使い方も見なおしてみるとよいでしょう。