頭頂部がやばい!? 頭頂部の薄毛の原因2つ

頭頂部の薄毛の原因は主に男性ホルモンによる男性型脱毛症(AGA)と頭皮の血行不良です。今回は頭頂部の薄毛のメカニズムと対策を解説します。

頭頂部の薄毛は主に男性ホルモンが原因

頭頂部の薄毛の原因はさまざまな要素がありますが、大部分がDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの作用による男性型脱毛症(AGA)によって引き起こされます。男性型脱毛症では、他の脱毛症と異なり、薄毛は頭頂部と生え際にのみ起こるのが特徴的です。

だんだんと毛髪が細く弱くなっていく兆候が見られ、進行をともないます。男性に多い脱毛症ですが、女性でもホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが優位に立っている場合に発症します。

男性型脱毛症(AGA)が起こるメカニズム

男性型脱毛症は、テストステロンに酵素5αリダクターゼが反応することによりできたDHT(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞に入りこむことによって起こります。DHTが毛母細胞の入り込むと、細胞分裂を阻害しヘアサイクルを乱します。

そして髪の毛が十分成長しないうちに抜け落ちてしまいます。このDHTが毛母細胞に入り込むにはDHTレセプターが必要ですが、この数には遺伝的要素があるため、家族に薄毛のある人は薄毛のリスクが高くなります。

男性型脱毛症(AGA)による薄毛は改善可能

男性型脱毛症(AGA)による薄毛はテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素5αリダクターゼの働きを阻害することによって改善することが可能です。

医療機関では、男性型脱毛症の治療は積極的に行われており、内服薬や外用薬の投与によって治療開始から2~数か月で著明な改善効果がみられるようになります。男性型脱毛症の場合毛母細胞自体は正常な機能を維持していますので再び健康な髪の毛を再び取り戻すことができます。

もう一つの原因頭皮の血行不良について

男性型脱毛症(AGA)以外の頭頂部の薄毛の原因に頭皮の血行不良があります。頭皮が固くなってしまうと、頭皮の重さ自体で頭皮が沈んでしまう頭皮沈下という状態になり、頭皮の中の毛細血管を圧迫します。その結果毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、毛根が弱って抜け毛の原因となります。

この場合は頭皮を柔らかくするためにマッサージが有効です。ストレスや首・肩のこりから頭皮が血行不良を起こすこともありますので全身の状態を一度見なおしてみましょう。

頭頂部の薄毛は改善できる可能性が高いものです。薄毛が気になったら早めの対処をおこないましょう。