ストレスは薄毛の直接的な原因になる他にも大きな影響を持つ

ストレスのせいで薄毛になる。ストレスの解消だけではダメ!?

そんな疑問があれば、原因がどのように連鎖して薄毛になるのかを知るのがオススメです。

ストレスは他の原因を誘発して薄毛になる!?

ストレスから薄毛になると言うのは、多くの人が知っています。直結の原因になるのは、自律神経を刺激して頭皮の血行不良を起こすことです。

ところが、ストレスは薄毛の他の原因も誘発していることをご存じでしょうか?

喫煙者はイライラするとタバコを数量が増えます。また、飲酒をする時もストレスで酒量が増えるので、薄毛の2つの原因まで刺激されています。

他の要因も引き起こしながら薄毛を悪化させるため、ストレスの解消はとても大切なことなのです。

ストレス解消を頑張った結果ストレスになっていた!?

毎日の生活でストレスが溜まるのは、当然のようになってしまいました。そうすると自分に合ったストレス解消をして、薄毛の対策を頑張っている人もいるのではないでしょうか?

最近、精神科医が発表していますが、ストレス解消だと思っている行動が実はストレスになっていると言うこともあります。自分では「掃除が好きで、掃除をするとストレスが発散できる」としている人の交感神経をチェックすると、酷く興奮状態になっているのがわかります。

セルフチェックでは、ストレス解消ができている時はゆったりとした深呼吸ができているはずなので今、試しているストレス解消方法をチェックしてみましょう。

実は間違えた方法で薄毛を悪化させているかも知れません。

こんな悪循環も!薄毛から生まれる3大ストレスと解消をご紹介

ご紹介したように、薄毛とストレスには強い関連性があります。ここからは薄毛を原因とするストレスを3つに絞ってご紹介します。

1.薄毛の改善が早く進まないストレス

育毛を頑張っているにも関わらず、直ぐに結果が出ないと「どうしてだろう?」と疑問に思うより、「役に立たない育毛方法だ!!」と腹が立つ方が多いのではないでしょうか?

真面目に取り組んでいる人ほど、効果が出ないことにストレスを感じます。自分だけで解決できない時には、専門家の意見も参考にしながら育毛する方法に変えることも必要です。

2.人の視線で感じるストレス

薄毛に悩んでいると、自分では「ここのポイントだ」と分かっています。そこに人の視線がきた時にストレスを感じる人が多いです。馬鹿にされている気分にもなるため、怒りも大きいそうです。

これがストレスになり、薄毛が進んでいることもありますよ。必要以上に気にするのは、自分のためにならないので気にしない工夫も必要です。

3.抜けるだけで感じるストレス

とにかく毎日のシャンプーで抜けていく毛を見て「とてもツライ」という人がいます。本当にシャンプーの回数を減らしたいくらいのショックを受けていますが、「1日に100本程度は抜けるもの」と考え、100本の髪の毛を一気に見ると、この程度の量というのが分かっていれば、このストレスは解消しやすいです。

以上のように、ストレスから薄毛になり、その薄毛がストレスになると言う悪循環があるので、解消方法を工夫してみましょう。