抜け毛には時期がある?!それはいつ?!

「抜け毛が多くなる時期がある」…こう言うと、驚く人もいるのではないでしょうか。しかしこれは、実は「人間も動物である」ということを考えれば、何一つ不思議なことではありません。

動物には、換毛期というものがあります。これは、「暖かくなってきたから毛の量を少なくして、涼しくしよう」「そろそろ冬だから、毛をたくさん持って暖かく過ごそう」とする、動物に備わった防衛機能なのです。人間も動物ですから、このような働きが当然あります。

結局いつなの?人間の換毛期について

動物の換毛期は、3月と11月だと言われています。もちろん動物によって多少違いはありますし、ペットとして飼育されている動物に関しては、この限りではありません。

ひとつの目安として、この時期に毛が生え変わると言われています。人間の換毛期もこれと同じで、3月と11月に毛が抜け落ちやすくなると言われています。

ただ動物と違うのは、「冬毛に切り替わる」ということは基本的にはない、ということです。そのため、単純に抜け毛が増える時期が3月と11月だと考えられています。夏や冬の3倍抜けるという人も…。

なぜ春先と秋に抜けやすいのか

春先に抜けやすいのは上記で挙げたように、「そろそろ暖かくなってくるから涼しくなるために」ということで説明がつくかと思います。では、なぜ秋により多くの髪の毛が抜けるのでしょうか?

これは、夏に受けたダメージが秋口になって髪の毛に現れ始めるからだと考えられています。

紫外線というのは、肌だけでなく髪の毛にも悪影響です。紫外線というダメージを受けた髪の毛が、それに耐えきれず、切れていったり抜けていったりするのがその時期だと言われているのです。

抜け毛の防止に必要なことは?

このように考えれば、抜け毛の防止には紫外線から髪の毛を守ることが大切であるということがわかります。帽子を被るのは熱中症の対策としてだけでなく、髪の毛を紫外線から保護する意味もあるのです。

また髪の毛を良い状態で保っておくと、同じ分のダメージを受けても髪の毛に響きにくいというメリットがあります。そのため、保湿などにも十分に気を配りましょう。

「もう夏が終わってしまったから…」と安心するのもかなり危険です。春も秋も紫外線は出ていますから、肌と同じように通年ケアを心がけていきましょう!