いつも使うアレが原因だった!20代の薄毛の理由と改善法方法

いつも何気なく使用している携帯電話。これが以外にも20代の薄毛を増加させている原因かも知れません。あなたはいつもスマホを握りしめていませんか?薄毛と携帯依存症の意外な関係について解説します。

薄毛と携帯依存症の関係とは

そもそも携帯依存症はなぜ、起きるのでしょうか?携帯依存症は、他人とのコミュニケーションに対するコンプレックスが原因だと言われています。

いつでも連絡が取れる環境がインターネットによって確立された現代は「誰かとつながっている」という実感をメールでのやりとりやSNSに対する反応によって得たがる人が増えています。

その結果他人とのコミュニケーションに強迫観念を持ち、それがストレスになっていたり、不眠症を招いてしまったりするのです。

このストレスや不眠症が薄毛につながっているというわけです。

さらに、長時間デジタルディスプレイを見続けることで、目の疲労が悪化し肩こりがひどくなります。肩こりがひどくなると頭皮に血液を送り込む経路が遮断されるため、やはり薄毛を招く結果に。携帯依存症と薄毛には大きな関係があったのです。

携帯依存から抜け出し、薄毛を改善する方法

携帯依存症でいる限り、薄毛や脱毛症を改善することはできません。携帯依存症から卒業して薄毛を改善する方法をご紹介します。

1.他人と直接会ってコミュニケーションをとる機会を増やす

たまには直接顔を突き合わせてコミュニケーションを取ってみましょう。携帯というツールを使わなくても行えるコミュニケーションを知ることで、徐々に携帯を見る時間を少なくしていきましょう。

2.携帯チェックの時間を決める

携帯依存症の人は無意識に、暇さえあれば携帯を見ていると思います。携帯チェックの時間を決めて、メールやSNSをチェックするようにしましょう。

3.寝る前は、デジタルディスプレイを見ない

これは目の疲労を軽減し、肩こりを防ぐ効果もあります。またディスプレイから発せられるブルーライトは良質な睡眠の妨げにもなります。就寝2時間前からテレビを含むデジタルディスプレイはなるべく見ないようにしましょう。

様々な要因が重なって起きる20代の薄毛。まずは携帯離れから始めてみませんか?