抜け毛にならない!トリートメントの使用法

髪の健康と美しさを維持してくれるトリートメント。しかし「諸刃の剣」という言葉があるように、どんなに良いものでも使用法を間違えれば不利益をもたらしかねません。トリートメントの使用法を間違っていることが抜け毛の原因になってしまいます。

トリートメントが抜け毛の原因に!?

髪の毛のダメージを補修してくれるトリートメントが抜毛の原因に?そんなことがあるのでしょうか。結論から申しますと「間違った使用法をしている場合、トリートメントが抜毛の原因になる」ということはあり得ます。

もちろんトリートメントは髪の毛にとって大変有益ですから、やめる必要はまったくありません。以下、正しい使用法を伝授致しますのでぜひともチェックしてみましょう。

トリートメントはシャンプーの後、リンスの前に!

脂ぎっていたり、汚れている髪へトリートメント剤を使用しても効果は半減します。通常時の髪の毛はキューティクルによって、しっかりバリアされていることその理由です。

一方、お風呂に入ってシャンプーを行うと、キューティクルが開いて無防備な状態になります。このままだと髪にとっては良くないのですが、トリートメントは大変浸透しやすい状態になっていると言えるのです。ですからトリートメントは「洗髪の後」に行うべきです。

一方、リンス(コンディショナー)は、髪に油分などを供給し髪の毛をコーティングします。つまり「髪の毛から水分や有効成分が出て行きにくく、同時に、外からも入ってきにくい」状態になっているのです。ですから、トリートメントはリンス(コンディショナー)の前に行わなくてはなりません。

トリートメントの順序を間違えて、有効成分がうまく浸透しなければ、髪にダメージが蓄積し、やせ細り、結果として抜け毛が起きやすくなると考えられます。

頭皮にまでつけるのはNG!

また、トリートメントを頭皮にまで揉み込んでいる方がいますが、これは大きな間違い。トリートメントはあくまでも髪の毛に良いのであって、頭皮に良いわけではありません。むしろ不要なものを与え、毛穴を塞ぐという点では「頭皮を汚している」ことと変わらないのですね。これは髪の毛の健康な成長を阻害しますから、結果として抜け毛が増える原因ともなります。

特に、お風呂の後で「洗い流さないタイプのトリートメント」を使うときには、頭皮につかないよう細心の注意を払ってつかいましょう。