原因によって抜け方も変わる?抜け毛の種類

抜け毛には、ヘアサイクルに伴う抜け毛のように心配のない抜け毛と、びまん性脱毛症、円形脱毛症のように何らかの対策が必要な抜け毛があります。

ここでは代表的な抜け毛の種類をまとめていますので、抜け毛が気になる方はセルフチェックに役立ててみてください。

多くの人が悩まされている「びまん性脱毛症」による抜け毛

男性の抜け毛の悩みには、生え際や頭頂部など「部分的に薄くなっていく」というケースが多いのに対して、女性の場合は「抜け毛が増え、髪が全体的に薄くなっていく」というケースが多いのが特徴です。

通常の範囲の抜け毛の量であれば、抜けた分は新しい髪が生えてくるので、目立って髪が薄くなることはありません。もし分け目の白さが目立ってきたり、明らかにボリュームが減ってきたりということがあるようなら、その抜け毛は「びまん性脱毛症」のせいかもしれません。

びまん性脱毛症になる原因は、エイジングをはじめとして、極端なダイエットによる栄養不足、ストレス、スタイリングやヘアケアのしすぎ過ぎなどさまざまです。びまん性脱毛は髪全体が薄くなる抜け毛の総称なので、より細かい原因の究明が改善の鍵になります。

一時的ながらかなりの量が抜ける「産後の抜け毛」

抜け毛の種類の中では、基本的には「心配がない」といって言っていいのが産後の抜け毛です。妊娠中には分泌が少なめになっていた女性ホルモンのうちの1つ「エストロゲン」が急に増加することや、胎児への供給や授乳で母体が栄養不足になること、妊娠中に増えた体重を戻そうとしてダイエットをする人が多いことなどが産後の抜け毛の原因として考えられます。

ホルモンバランスは半年から1年で落ち着いてくるので、抜け毛もその頃には自然におさまって治まってくるのが普通。産後ダイエットはあまり焦らず、栄養バランスを考えて行うようにしましょう。

部分的に抜けるのが特徴「円形脱毛症」

抜け毛の種類の中でも要注意なのが、部分的に集中して毛が抜けてしまう「円形脱毛症」です。ストレスが原因で怒る起こる脱毛症として有名ですが、実のところいまだ未だにそのメカニズムについては不明な点が多い症状です。

皮膚科ではステロイド治療や局所免疫療法などを行いますが、軽い症状なら1年以内に治る方がほとんどです。抜け毛が気になる脱毛部位をみつけたら見つけたら、まず本当に円形脱毛症かどうかを皮膚科で診断してもらいましょう。

頭皮環境の悪化が原因の抜け毛

「シャンプーが十分にできていない」「頭皮に湿疹ができている」「帽子やヘルメットをかぶっている時間が長く、頭皮が蒸れがち」といった要因でも抜け毛は発生します。

この種類の抜け毛は、原因を解明して取り除けば、劇的に改善することが多いもの。とはいえ習慣化してしまっているとなかなか変えるのが難しいということもあるので、その点では注意すべき抜け毛の種類といえる言えるでしょう。

ヘアスタイルが原因の抜け毛

ポニーテールやアップスタイル、おだんごヘアが好きな方は、気をつけたほうがいい抜け毛の種類です。一般的には「ポニーテールハゲ」なんていわれ言われていますが、正式には「牽引性脱毛症」といい言います。

要するに「引っ張る」ことで、髪と頭皮に負担がかかり、発生してしまう抜け毛です。たまにまとめ髪にする程度で抜け毛が増えることはありませんが、仕事や趣味の関係で毎日アップにしているというような方は、休日は違うヘアスタイルにしたり、頭皮マッサージを習慣にしたりして、予防することをおすすめします。