人間の毛も季節で生え変わる!?秋に増える抜け毛対策

「抜け毛の量が季節によって変化する」ということをご存知ですか?抜け毛は春や秋といった「季節の変わり目」に増える傾向にあります。ここでは、憂鬱な抜け毛を予防するために知っておきたい「抜け毛と季節の関係」をまとめています。

抜け毛が増える=ヘアサイクルの乱れ

髪は生えたら生えっぱなし、というわけではありません。髪にはヘアサイクルと呼ばれる成長周期があり、毛根が活動をお休みする「休止期」を経て「成長期」に入った髪は、数年伸び続けた後「退行期」に入り、自然に抜け落ちていく、ということを繰り返しています。「抜け毛が増えた」と感じる時というのは、このヘアサイクルが乱れていて、成長期が短くなってしまっている状態です。

一般的に「抜け毛が増えた」と感じる人が多いのは圧倒的に秋。続いて春も多くなっています。どちらも「季節の変わり目」と呼ばれるシーズンですが、この時期に抜け毛が増えるということは、「ヘアサイクルが乱れやすい時期だから」と言えるのです。

秋は抜け毛の要注意シーズン

では、どうして秋には抜け毛が増えてしまうのでしょうか。その理由は「夏の紫外線」にあります。紫外線は1年中降り注いでいますが、もっとも強いのは6月前後。そして真夏には、アウトドアやリゾートへの旅行などで、長時間直射日光に当たる機会が増えます。さらに汗をかいたり、プールの塩素にさらされたりと、夏の頭皮環境は1年の中でも最悪と言っても過言ではありません。

夏の間、ダメージは髪と頭皮にじわじわと蓄積します。そして日差しや汗が落ち着いてきた秋になってから、抜け毛に焦る人が多くなるというわけです。

春の抜け毛はストレスも原因

春は新生活を始める方も多く、生活環境がガラリと変わるシーズンです。ストレスはホルモンバランスの乱れを招いたり、頭皮の血行を悪化させたりと髪の健康の大敵。忙しくなるとどうしても食生活も偏りがちになるので、髪にとっては春も十分過酷なシーズンとなります。

また、春は2月頃から始まる花粉の影響も、抜け毛に表れてくるタイミングなので、アレルギーや花粉症を持っている方はこの点にも注意しておきたいところです。

季節の変わり目の抜け毛対策

夏の間のダメージが原因となっていることが多い秋の抜け毛に関しては、秋になって慌てるより、夏の間からケアを始めるのが理想的です。

具体的には
1.帽子やUVスプレーなどで髪を紫外線から守る
2.頭皮環境を整える
3.睡眠を十分に摂り、規則正しい生活を心がける
の3つがあげられます。

特に注目して欲しいのは2番。抜け毛が増えると、つい「髪」をなんとかしようとしてしまいがちですが、髪を作る土台となっているのは頭皮です。ヘアケアだけでなく頭皮ケアに注目してシャンプーやコンディショナーを選んだり、お風呂あがりに頭皮マッサージをプラスしたりしてみましょう。

春の抜け毛対策は2番と3番を中心に。頭皮マッサージはストレスリリースにもなるのでおすすめです。

あまり気にしすぎないことも大事

ペットが夏毛から冬毛に変わるように、秋の抜け毛は人間にとっても季節支度の1つと考えることもできます。通常1日100本くらい抜けている髪の毛ですが、頭皮に異常がなくても、秋には2倍くらいの量が抜けることも珍しくはないとのこと。

「冬になっても抜け続ける」「かゆみなど頭皮に明らかに異常がある」という時は皮膚科を受診するなど対策をとる必要があるかもしれませんが、特に異常が感じられないなら、あまり気にしすぎないようにすることも大事です。