30代は要注意!あなたも薄毛体質になっている可能性が!?

30代で髪の薄さが気になる場合は男性型脱毛症(AGA)の可能性が考えられます。年々進行していくタイプの薄毛ですので早めの対策が必要です。

30代で気になり始めた薄毛は男性ホルモンが関係

30代になって髪の毛が薄くなるのは老化現象ではなく、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛作用のある男性ホルモンの影響を受けた男性型脱毛症(AGA)の可能性が高いです。ジヒドロテストステロン(DHT)の量には個人差があり、男性型脱毛症(AGA)の発症は体質的な要素が強いです。

そのため頭皮のケアなどを行っても薄毛改善にはあまり効果がみられないことも多いです。薄毛を単なる老化現象ととらえずに薄毛対策を行うことが必要です。

男性型脱毛症(AGA)の症状

男性型脱毛症(AGA)の症状は20代から30代で現れます。男性型脱毛症(AGA)の場合、髪の生え際や頭頂部から髪の毛が薄くなってきます。それ以外の場所ではあまり症状はみられません。髪の毛が細くなり、十分に育っていない短い抜け毛が発生するのも特徴です。

髪の毛のボリュームが感じられなくなったり、髪の毛にコシがなくなったりといった症状も目安となります。遺伝的要素も強く、家族に薄毛の人がいた場合は男性型脱毛症(AGA)である可能性が高くなります。

男性型脱毛症(AGA)は進行していく

男性型脱毛症(AGA)は一般に数年かけてゆっくりと進行していきます。しかし、30代で薄毛を感じ始めた場合には男性ホルモンの作用が強いことが推測され、将来的な症状の進行も早いと考えられています。

男性型脱毛症(AGA)は無治療の場合、勝手に進行が止まったり、治ったりすることはありませんので、ひどくならないうちに早めの対策が必要です。また、進行の程度により適切なケアが変化していきますので医療機関で診察を受けるべきです。

男性型脱毛症(AGA)は治療が可能

男性型脱毛症(AGA)は投薬などによって改善させることができます。髪の毛が抜けてしまっても毛包の機能は維持されているので、適切な治療が行われれば元の丈夫な髪の毛を復活させることができます。さらに治療開始が早ければその分改善効果も高くなるといわれています。

主な治療は飲み薬の投薬と発毛剤の併用で、治療開始から約2~3か月ごろから効果がはっきりと見え始めます。

30代から薄毛が気になり始めるようであれば男性ホルモンによる脱毛を疑いましょう。早めの対策で薄毛を改善していくことができます。