昼寝が効果的ってホント?薄毛と睡眠の関係とは

睡眠不足が続くと薄毛や抜け毛が増えるといわれています。薄毛や抜け毛の予防には睡眠不足を改善することが必要ですが、改善方法として注目されているのが昼寝です。薄毛と睡眠の関係、また昼寝の仕方や注意点などについてご紹介します。

睡眠不足が続くと薄毛や抜け毛が増える

薄毛の原因としてはタバコやストレスが有名ですが、睡眠不足も原因の一つです。睡眠時間が短い人、特に5時間未満の人は抜け毛が増えやすくなるといわれています。

睡眠中は副交感神経が優位になりますが、睡眠時間が短いと血管を収縮させる交感神経が優位となり、自律神経も乱れやすくなって頭皮の血流や毛根に悪影響を及ぼすのです。髪を太く、強くするためにもしっかり眠ることが必要になります。

ただ、睡眠時間を増やしたくても仕事でいつも帰宅が遅いなど、思うように寝る時間を確保できない状況も多いことでしょう。そこで、昼寝です。30分以内の昼寝が睡眠不足の改善に効果的といわれ、実践する人が増えています。

昼寝で人間の本来の睡眠リズムに近づける

昼寝の効果について、まず確認しましょう。普段、多くの人は1日に1回の睡眠パターンで生活していますが、生理的には1日に2回、眠くなるのが自然なことといわれています。1回目は起きてから8時間後、2回目は22時間後です。

たとえば6時に起床する人なら、14時と朝の4時頃に眠くなります。昼食の後、13時~15時あたりに眠くなるのは食事で胃に血液が集中するだけでなく、睡眠リズムの影響もあるようです。

人間がもつ本来の睡眠リズムに近づけると集中力が高くなってミスが減り、アイデアも浮かびやすいなどパフォーマンスが向上します。昼寝はアメリカで導入され、日本の企業や学校でもとり入れるところが多くなりました。

昼寝をして薄毛の予防を目指す

昼寝に関する研究によると、血圧の低下や生活習慣病のリスクを下げるなど身体を健康な状態に導く上で昼寝は効果的な方法です。昼寝をすることで睡眠不足を改善できると、髪や頭皮の健康にも役立ち、抜け毛を少なくし髪を太くすることにつながります。

昼寝の方法は、夜間の睡眠に影響しないように15時までにすることが重要です。また、眠る時間は15分~30分程度にします。30分を越えて眠ってしまうと夜の睡眠だけでなく、寝起きが悪くなってパフォーマンスが下がることもあるので注意しましょう。

昼寝は夜間の睡眠に比べて2倍以上の効果があるといわれていますので、15分程度の短い眠りでも効果が期待できます。

スッキリ目覚めるための工夫も忘れずに

昼寝からスッキリ目覚めるようにするには、昼寝の前にカフェインを含むコーヒーなどを飲むとよいでしょう。カフェインの覚醒効果は飲んでから30分程度の時間が必要なため、昼寝から起きる頃にちょうどよいタイミングで効果が現れます。

また、昼寝をした後にストレッチなど軽く身体を動かすと、一層スッキリして次の行動がしやすくなります。

睡眠は身体の疲れを取るなど体調を整えるほか、薄毛の原因となるストレスによる緊張をほぐす上でも重要です。夜間の睡眠だけでなく、昼間10分程度のちょっとした時間も上手に使って昼寝をとり入れ、薄毛を予防しましょう。