はげる原因?かつらにもあった。かつらを使用する際の注意点

ご存知でしたか?はげを隠すためのかつらで、さらにはげがひどくなってしまう可能性があることを。かつらの装着には注意が必要なのです。はげが進行する2つの原因と対策についてご紹介していきます。

原因1:蒸れ

かつらではげが進行する理由の1つは、頭皮の蒸れです。技術の進歩にともない、最近では通気性のいいかつらも増えていますが、かつらによる蒸れをゼロにすることはできていません。帽子をずっとかぶっていると、だんだん蒸れてくるのと同じです。

そのため、どうしても雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が増えると、かゆみや炎症などを引き起こしやすくなるため、非常に不快です。頭皮の状態が悪くなることでストレスも増え、さらに頭皮の状態が悪くなる…という負のスパイラルに。

原因2:装着部の負荷

かつらではげが進行する理由の2つ目は、かつらの装着による頭皮への負荷です。かつらの装着方法は、大きく5種類。ピン・接着剤・テープ・編み込み式・複合型が主な装着方法です。

いずれの方法も、装着部分には負荷がかかります。さらに、装着方法によっては蒸れがひどくなったり、血行不良になることも。簡単にかつらが取れない代わりに、自分では気軽に取り外せないような装着方法もあります。

その結果として、頭皮の状態が悪くなり、徐々に抜け毛が増え、はげが進行する原因となっていきます。

装着時間を減らして頭皮に休息を

かつらではげが進行してしまうのは、かつらを長時間装着したままにすることが大きな原因です。かつらを装着しないという選択肢もありますが、そうすると人目が気になってストレスがたまり、はげの原因につながりかねません。

はげ隠しにかつらを利用する場合は、装着時間を必要最低限とし、頭皮を休ませる時間を作りましょう。例えば、夜は必ず外して寝る、休日はかつらを装着せず、外出時は帽子ではげを隠す…などです。

頭皮を休ませる時間を作るためにも、自分で気軽にかつらを外せる装着方法を選ぶようにしましょう。

かつらをつけていても発毛はできます

かつらを装着していても、発毛外来などで発毛治療を受けることは可能です。ただし、頭皮の状態が悪いと、頭皮の治療からスタートしなければなりません。かつらの装着時間が長ければ長いほど、頭皮の状態は悪くなりますし、治療効率も悪くなります。

今後育毛をお考えなら、治療効率と育毛効果を上げるためにも、かつらの装着時間を減らす工夫を行いましょう。かつらの装着時間が短くなれば、かつらによる不快感などストレスを減らすこともできます。