自然さ重視?価格重視?失敗しないかつらの選び方

かつらにはたくさんの種類があり、販売形態も多種多様化しています。かつらを購入する人が何を重視するかによって、選び方も大きく変わってきます。ここではタイプ別におすすめのかつらの選び方を紹介します。

かつらを自然にみせたい人の選び方

とにかくかつらをバレたくない、予算よりも品質重視という方にとっての心強い味方はやはり大手のかつらメーカー。かつらのプロフェッショナルが揃うお店に足を運び、髪の毛の悩みを聞いてもらったり、希望のかつらを相談してみたりしましょう。

実際のかつらを目で見て手触りを確認することも大切です。オーダーメイドタイプを選択すると時間とお金は多少なりともかかりますが、その分質の高いかつらを手に入れることができるはず。

まずはいくつかの店舗をまわってサンプルをもらい、比較検討してみることからはじめると失敗は少ないでしょう。

予算があまりない人の選び方

かつらにかけられる予算は人それぞれ。あまり費用を捻出することができない人におすすめなかつらは既成品タイプのもの。現在は種類もたくさん出ているため、かつら専門店で試着を重ねていけば自分にあったものを見つられる可能性大です。

また、部分的な薄毛に悩んでいる方は部分用かつらを選択するとグッとコストを削減することができます。ただし、あまりコストにこだわりすぎて安価なものを購入してしまうと失敗することもありえます。安物買いの銭失いを避けるためにも、ある程度予算には幅を持たせた方がよいでしょう。

手間を省いて装着したい人の選び方

かつらをかぶるときには、どうしても多少なりとも手間がかかってしまうものですね。その手間を極力省きたい、不器用だから簡単に装着できるタイプがいいと思っている人は、アフターフォローサービスを検討項目にプラスしましょう。

装着方法にはネットを使用するものもあれば、接着剤やテープを使用するものもあり、バラエティはかなり豊富です。ずっと装着していたいと考えている人には編み込み式の装着方法に人気があります。値段や品質につられて決めてしまうと、後悔することがあるため気をつけて選びましょう。

重視したい項目にも順番をつけて

できるのであれば誰だってお値打ちで、品質がよく、メンテナンスもラクチンなかつらが欲しいものです。しかし、現実には100%希望通りのかつらを見つけるのは難しいでしょう。そうかといって適当に決めてしまうと、後悔する可能性もありますね。

失敗を防ぐためには自分の中で妥協点や優先事項をあらかじめ決めておき、かつらメーカーの店員に相談して自分に合ったタイプのかつらを把握することがかつら探しの第一歩となります。これだ!と思える究極のかつらに巡り会えるといいですね。