薄毛が気になりだしたら・・・ヘアウィッグの基本と選び方

年々気になる薄毛の悩み。大げさなケアをするの気が引けるし、どうしたものかと頭を抱えてしまします。そこで今回は、ウィッグの基本と選び方を中心にご紹介しましょう。

薄毛対策にウィッグがおすすめな理由

薄毛が気になりだすと外出したり、人前に出るのが億劫になってしまいます。それが理由で育毛剤の購入や専門医へ相談をする方もいるようですが、敷居が高いと感じる方もいるのではないでしょうか。その悩みを解消する手立てとしてウィッグがあります。

ウィッグを着用するメリットは複数あります。装着すればすぐに薄毛を隠せるという即効性があることや、部分的なウィッグを使えば自然な雰囲気をだせることなどです。また、一味違ったファッションアイテムとしてとり入れることもできます。

薄毛対策としてウィッグの導入は検討の余地が高いと言えるでしょう。

まずは基本から!ウィッグの種類を知ろう

代表的なウィッグの種類は3つに分かれます。フルウィッグは、いわゆるカツラと呼ばれるタイプです。地毛を全て覆い隠すことができます。それに対して、ハーフウィッグは前髪が無い形態です。頭頂部から後頭部にかけて覆うことができます。

しっかり固定されるフルウィッグに比べて通気性のよさが特徴です。他にはポイントウィッグというものもあります。エクステやつけ毛の総称で、部分的に髪のボリュームを出すのに便利です。薄毛の状態に応じてカバーの必要のある範囲も変わりますので、対策としてそれぞれ使い分けるようにしましょう。

ウィッグの選び方は?通販の利用は慎重に!

通販で購入する場合は、スマホの画面と実物の様子が異なることがあるので気をつけましょう。色は、少し暗いものを選ぶと派手すぎず失敗しにくくなります。また、ボリュームが多いと頭が大きくなり不自然に見えるため、色と同様に控えめを選ぶと丁度いいでしょう。

その他、光の反射で違和感が出るものもあるため、できるだけ高品質なものを選ぶということもウィッグ選びで重要なことです。コストをおさえるためには、メンテナンス料が無いものやオーダーメイドでない既製品を選ぶとよいでしょう。

育毛ケアの一時しのぎとして使うのもあり

ウィッグを着用しても薄毛自体が改善することはありません。それが理由でウィッグに抵抗があるのであれば、育毛ケアの一時しのぎとして利用するのもいいかもしれません。育毛剤やサプリメントなどを併用して、薄毛が改善したらウィッグを外すようにするという具合です。

ウィッグを上手に使いこなすことができれば、薄毛の状態によりますが今までの悩みが緩和できるかもしれません。まずは、ウィッグ利用上の基本として種類と選び方はしっかりとおさえておきましょう。