薄毛をカバーするヘアスタイル

髪をしっかりスタイリングすると、気持ちがよく周りからの印象も良くなります。しかし、薄毛の方はスタイリングが思うようにいかないため、ヘアスタイルがうまく決まらずお悩みの方も多いのではないでしょうか?

この記事では、薄毛の方がスタイリングしやすくなるヘアスタイルや、よりヘアスタイルをステキに見せるための乾かし方をご紹介します。

薄毛をカバーするヘアスタイル

一番オススメなのが、メリハリのついたショートヘアです。

このヘアスタイルをオススメするポイントとして、ショートヘアは髪密度が高くなるため、髪で凹凸をしっかり作る事ができ、薄毛でもボリューム感を出す事ができます。つまり、頭を立体的に見せる事ができるのです。

頭の骨格によって左右されますが、襟足をグッと締め、ウエイトをミドルセクションに持ち上げボリュームを出し、トップはふんわりするようにレイヤーカットをするのがポイントです。

ミディアムのスタイルとしてオススメなのが、レイヤースタイルです。

ミディアムくらいの長さは、そこそこ毛先の髪密度がありますので、頭の形に合った自然なラウンドレイヤーを入れる事で、毛先に適度な厚みを残しながら動きのある軽やかなスタイルが作れます。そうするとトップもふんわりさせる事ができます。

ロングもミディアムと同じく、レイヤースタイルがオススメです。

ミディアムと違うのは、毛先の髪密度が少ないため、無理にレイヤーを加えると毛先がスカスカになる事です。毛先に適度な厚みが残るよう、レイヤーを加える場所を見極める事がポイントです。

全体としてレイヤーを加える事が、ペタンと動きの出にくい薄毛を、ふんわり動きのあるヘアスタイルに見せるためのポイントです。

逆に、重くしっとりと見せたい場合はレイヤーを加えずに、ワンレングスカットで毛先を揃えたカットや、グラデーションカットでアウトラインに自然な丸みで重さを見せるカットが良いです。

美容師さんにオーダーする際、いろいろ相談してみましょう!

薄毛のスタイリングのポイント

長さを問わず絶対に外さないでいただきたいポイントは「根元を立ち上げる」事です。

薄毛の方は同時に髪が細いので、ペタンとなりがちです。ドライヤーで乾かす際に、根元を起こすようにドライしヘアスタイルがふんわりするようベースを作る事が大事です。分け目がパカっとなるのもぼかせます。

特にトップの髪を起こし、ボリュームを出すのがヘアスタイルをバランスよく見せるポイントです。カットで加えたレイヤーを活かしボリュームを出すには、マジックカーラーがとても有効です。

根元を起こしてドライした後、トップに2本だけ巻き込み、温風で温めた直後に冷風でしっかり冷まします。

薄毛でヘアスタイルにお悩みの方は以上の事を参考に、美容師さんとよくカウンセリングをし、スタイリングしやすいヘアスタイルにカットをしてもらいましょう。

そして、そのカットに合ったスタイリングを実践することで、とてもステキに若々しく見え、オシャレをする事がもっと楽しくなります。