抜け毛が増えてきた…病院にまずは行ってみよう

男性に比べると、女性が抜け毛で悩む確率はとても低いと言われています。

抜け毛の原因は、必ずしも「これだけが原因だ」と断定することはできません。しかしながら男性ホルモンの影響が色濃く表れるものであることは、よく知られています。

女性の場合、男性に比べると当然、男性ホルモンの量が少ないです。そのため、抜け毛に悩む可能性は少ないと言われています。

女性の抜け毛、何が原因?

女性の抜け毛の原因としては、「ストレス」が挙げられます。これは男性の抜け毛にも共通したことではありますが、ストレスによって女性ホルモンの量は大きく下降線を描きます。

また女性ならではの抜け毛の原因となるものには、「髪の毛の傷み」があります。特に、パーマや脱色を繰り返している人に多いです。髪の毛自体が細く、弱くなってしまうことで切れ毛なども起こりやすくなります。

さらに出産などの環境の変化によっても、抜け毛が起こる可能性があります。

まずは病院へ。病院に行くメリットとは?

抜け毛がひどくなった時の対応策としてメジャーなのは、やはり育毛剤や薄毛対策のためのシャンプーを使うことでしょう。しかしこれに先んじて、ぜひやってほしいことがあります。

それが、「病院に行く」ということです。

というのも、上でも述べたように薄毛にはいくつかの原因があります。しかし私たちでは、その原因がどれに該当するのかは分かりません。そのため病院で診察をしてもらい、医師の視点から見てもらうことが大切なのです。

また医師に診察してもらい悩み事を聞いてもらえるというのは、それだけで不安を解消でき、ストレスを解消することの一助となります。

病院での治療が恥ずかしい、という人は?

ただ、「病院に行くのは難易度が高い」と考える人もいますよね。でも、大丈夫です。

現在では全国に「薄毛専門のクリニック」というものが開業されています。一般の患者さんと一緒に診察の順番を待つ必要はなく、自分と同じ悩みを持つ人だけが診察室にいるのです。また、医師も薄毛に対する知識がしっかりあって、真摯に向き合ってくれます。

薄毛には、進行していく薄毛と一時的な薄毛があります。後者ならば、ライフスタイルの変化や時間の経過と共に治まることもありますが、やはり病院に行ってみたほうが良いでしょう。それが一時的なものか、それとも進行していくタイプのものなのか、私たちには分からないのですから。