薄毛の予防に時間も費用もムダにしないセルフケアのテクニック活用

薄毛が気になり始めてからでは遅いの…?そんな心配のある方には予防になるセルフケアがオススメです。

毎日のシャンプーから見直して薄毛の予防が出来る!?

薄毛の予防に欠かせないのが毎日しているシャンプーです。最近では多種多様なシャンプーが出てきていますが、イメージ先行型の頭皮環境を悪くしかねないシャンプーも多いため、自分の目的に合ったシャンプー成分のものを選ぶことが大事。

薄毛の予防には、育毛効果に注目したシャンプーを選ぶ方が多いですね。ところが刺激が強く、逆にフケや荒れにつながるような界面活性剤の入ったタイプのシャンプーもあり、頭皮のダメージになるリスクもあります。

そこでシャンプーは低刺激で薄毛向きとしている商品から選びましょう。「育毛効果」と商品に明記しているシャンプーは、刺激性のものと考えた方が良いです。不安な場合は、どういう成分内容なのか信頼出来る美容師に相談してみるといいでしょう。

マッサージすることで頭皮環境を変えて薄毛予防に!?

頭皮の血行不良から薄毛になる可能性が高くなります。毛根に栄養が行かなくなるので、髪の毛が生えにくく抜けやすい状態になるのです。

血行を良くするにはマッサージが一番良い方法です。育毛剤をつけて揉むのも効果的ですが、そこまで費用をかけなくても、シャンプーの時にマッサージをしましょう。

お湯で洗っていて頭皮も温まっていますし、その状態でマッサージをした方が血行が改善されます。ただし、洗い過ぎては良くないため、シャンプー剤などがついている時は、マッサージをしても5分以内で止めましょう。

薄毛の予防で見直すべき生活習慣の3大悪をご紹介

ご紹介したようにセルフケアでコストを押さえた薄毛の予防が出来ます。ここからは薄毛の原因になる生活習慣を3つのポイントに絞ってご紹介します。

1.食生活の乱れがNG

食生活が欧米化していますが、そうすると脂ぎった食事内容になりがちです。余計な脂分がある事で頭皮の皮脂も過剰分泌されます。

ギトギトした頭皮は汚れやすく、髪の毛を生えにくくしてしまうのです。洗い過ぎると肌の防御機能で更に皮脂が分泌されるので、食事の見直しをしながら優しくシャンプーをしましょう。

2.喫煙の習慣を改善しましょう

喫煙は女性の肌トラブルを招くだけではありません。タバコを吸うだけで血管が収縮してしまいます。頭皮の血行不良から薄毛が促進されます。

また、ビタミンCを壊しますので、頭皮の肌荒れが起こり、生えている髪を維持しにくくなるのです。抜けやすく生えにくいことから薄毛が目立つようになります。

3.運動と薄毛に関連がある?

薄毛と運動は関係ないと思われがちですが、身体を動かすと血行促進や、身体に蓄積した脂肪分を燃焼できます。

血行促進は発毛環境には欠かせませんし、脂肪分が減少することで頭皮の皮脂が過剰分泌するのも予防できます。適度な運動がオススメです。

以上のように、一見、薄毛の予防とは関係なく見える原因もあるのです。シャンプーやマッサージも大切ですが生活習慣の見直しもオススメです。