必見!抜け毛にならないドライヤーの使い方

髪を乾かすために、またスタイリングのために利用されるドライヤー。私たちに大変身近なグッズですが、使い方を誤ると抜け毛をはじめ、チリチリ毛や薄毛の原因にも!

シャンプー後のドライヤーの注意点

一般的なドライヤーの温風は100度を超えると言われています。髪は60度以上の温度には耐えられませんから、頭とドライヤーの距離をとってうまく温度調節する必要があるのです。最低でも15センチ、理想は20センチ程度離すと良いでしょう。またドライヤー時には必ずトリートメント剤を併用するのもベターです。

なおロングヘアの方の場合には長時間ドライヤーを当てても、当てすぎに気づかないことが多いよう。だけど注意して下さい。髪を長時間熱にさらすとタンパク質成分が変質して硬くなってきます。こうなると、スタイリングがしにくくなるほか、トリートメント剤の有効成分が浸透しにくくなるなどのデメリットが。

スタイリングにおけるドライヤーの注意点

髪のスタイリングにドライヤーは必須です。しかし、タンパク質の塊である髪の毛は熱に大変弱いのです。神経が通っていない部分なので加減が大変難しいとも言えますが、当てすぎれば髪から潤いやコシを奪う原因ともなってしまいます。

スタイリングには、ドライヤーを低温モード(もしくは弱風モード)で使用することが基本です。また、自信のない方であれば、スタイリング専用の「トリートメントドライヤー」などを使用したほうが無難と言えます。

正しいドライヤーの使い方

シャンプー後の使い方では「内側から外側へ」が基本。髪の毛の奥の水分を外側へと追い出すようなイメージです。そして80%乾いたと思ったら、後は自然乾燥で問題はありません。ただし、髪に熱を与えたままドライヤーを終えると、頭皮に熱がこもり汗をかく原因にもなりますから、1分程度髪全体に冷風を当てましょう。

「それならはじめから自然乾燥でいいんじゃない?」と考える方もいるかもしれませんが、それは間違い。髪がびしょびしょのままだと、キューティクルが開きっぱなしになり、切れ毛や毛のきしみの原因に。頭皮の毛穴も開きっぱなしとなり、抜け毛にもつながりやすくなります。また湿度が高すぎるため雑菌も繁殖しやすくなりますよ。

スタイリングにおける使い方では「必要最小限の使用」が基本。熱を加えてヘアスタイルを作ると言うことは「髪へダメージを与えている」ことと一緒。もちろんドライヤーを使うなとは言いませんが、ドライヤーを当てながらどんなヘアスタイルにしようかなどと考えることは絶対に避けるべきなのです。