脂性肌のための抜け毛対策

近年、若い女性の間で増えている抜け毛。一説によれば、20代の女性の約30%が薄毛に悩んだ経験があるとか。そんな、多くの女性を悩ませている抜け毛の原因の一つに、脂性肌があるのはご存じですか?

この、脂性肌が引き起こす抜け毛のメカニズムと、そのケア方法、対策について紹介します。

脂性肌が抜け毛の原因になるのはなぜ?

もともと、女性の抜け毛の原因は、ストレスによるホルモンバランスの乱れと言われています。ストレスによってホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が多く分泌されると、皮脂が出やすい脂性肌となってしまいます。

そして、頭皮の毛穴から皮脂が過剰に分泌されれば、老廃物と皮脂が混ざって毛穴を詰まらせ、抜け毛の原因になるのです。もちろん、こうした脂性肌は、抜け毛だけでなく、ニキビなどの肌トラブルにも直結します。

女性の抜け毛の原因はさまざまな要因が考えられますが、肌が脂っぽい、ニキビができやすい、といった症状に心あたりがあれば、まず、脂性肌をケアすることが、抜け毛防止の第一歩になるといえるのです。

脂性肌の改善は生活を見直すことから

脂性肌を改善させるには、まず、ストレスをためない生活を心がけましょう。ストレスは、社会生活をする上では、どうしてもかかってしまうもの。そこで、かかってしまったストレスを、上手に発散させることが大切です。

定期的にエステに行ったり、スポーツをしたり、お風呂やアロマでゆったりリラックスをしたり。自分にあったストレス発散方法をみつけましょう。

また、毎日の規則正しい生活も重要。睡眠をきちんととり、疲れを翌日に持ち越さないように気を付けましょう。また、ジャンクフードや油分の多い食事は避け、野菜や豆類を多めに、バランスの良い食事も大切です。

皮脂をきちんと落とすシャンプーを使いましょう

毛穴の詰まりを取るには、シャンプー選びも重要です。おすすめは、最近特に注目を集めているノンシリコンのシャンプー。シャンプーに含まれるシリコンとは、髪の表面に光沢を与えて、髪の肌触りを良くする働きがあります。

シリコンは化粧品などに多く使われているため、一概に肌に悪いとは言えません。ただ、脂性肌が気になる場合には、このシリコンが毛穴に詰まってしまい、頭皮のベタつきや抜け毛の原因になってしまっている場合も考えられるのです。一度ノンシリコンのシャンプーを試してみてみるのもオススメです。

脂性肌のためのシャンプーメソッド

毛穴の詰まりが気になるからといって、頭皮をゴシゴシ洗えばいいわけではありません。頭皮のベタつき、抜け毛が気になる脂性肌のための、正しいシャンプー方法を紹介します。

1.シャンプーの前に、たっぷりのお湯で地肌をしっかり塗らす

事前に、髪はもちろん地肌まで濡らしておくと、その後のシャンプーの泡立ちが格段に良くなります。

2.シャンプーをしっかり泡立てる

シャンプーの付け過ぎは厳禁。適量を手に取り、泡立ててから髪につけます。

3.爪を立てないように、指の腹でやさしく揉み洗いする

襟足から頭頂部に向かって、下から上に、ジグザグに洗っていきます。力を入れ過ぎないように注意しましょう。

4.丁寧に洗い流す

脂性肌のシャンプーで一番大切なのは、最後のすすぎ。毛穴に汚れやシャンプーが残ってしまっては、髪を洗う意味が半減してしまいます。時間をかけて丁寧に洗い流しましょう。

5.ドライヤーで髪を乾かしましょう

自然乾燥は、頭皮の雑菌を繁殖させ、毛穴を詰まりやすくすることも。ドライヤーで手早く乾かしましょう。

脂性肌の抜け毛対策は、生活改善とヘアケアの両面から

原因がはっきりしているため、比較的対策をとりやすい脂性肌の抜け毛。ストレスをためない生活を心がけ、正しいヘアケアを行う事で、劇的に改善するかもしれません。

また、今はそれほど抜け毛が気にならない人でも、頭皮や肌のベタつきに心当たりがあれば、早めの抜け毛対策を心がけましょう。小さな努力で、数十年後の健康的な髪と頭皮を守ることができるかもしれません。