ヘアブラシの汚れは頭皮と髪の汚れに!クリーニング方法3大テク

何気なく使っているけどよく見るとヘアブラシが汚い!そんな悩みには予防法とクリーニングがオススメです。

汚れが目立つのに洗えるヘアブラシと洗えないヘアブラシがある!?

毎日使用するヘアブラシですが、汚れが付くと気になります。そのまま使っていると髪も頭皮も汚れていくでしょう。

気になったときに洗えるヘアブラシはシャンプーや洗剤で洗って清潔な状態を保ちましょう。ただし、猪毛ブラシの様な獣毛ブラシは、水分を吸収することによって毛質が劣化してしまいます。

どういった使い方をするのかまで考えて購入すると、ヘアブラシを汚れない様、キレイに使うことが出来ます。

洗えないヘアブラシには予防方法が便利!

洗えない猪毛ブラシなどには予防方法があるので試してみましょう。獣毛ブラシでは毛先も細くなっているので、ガーゼでカバーを作るのがオススメです。

通りにくいなと感じたら、目の粗いガーゼもありますので変更して付けて下さい。髪の毛が溜まっても汚れと一緒にガーゼを剥がしてしまうだけです。

100円ショップで販売しているものでも、一式あれば便利です。

ブラシをキレイにする3大クリーニング方法をご紹介

ご紹介した様にヘアブラシを汚さない方法や洗い方があります。ここからは3つに絞ってブラシの清潔感を保つ方法をご紹介します。

1.まずは予防から始めましょう

洗えるヘアブラシも洗えないヘアブラシも、汚れの付きにくい予防法を使っておくと後が便利です。隙間に入った髪の毛を取るのも大変なので、ガーゼのカバーを付けておきましょう。洗えるヘアブラシは更に水洗いも出来て清潔感があります。

2.洗えるブラシは浸け置きも便利

洗って問題のないヘアブラシの汚れは、シャンプーや洗剤を入れたお湯に2時間浸けておきましょう。汚れ浮きがしますので、間のゴミを摂る時は歯ブラシなどを使うと洗いやすくなります。かなり汚れが溜まっているなら、浸け置き時間は1時間長くしましょう。汚れを取り除いた後は十分に乾燥させて再度使用して下さい。

3.普段からのケアがとても大切

ヘアブラシは毎日使いますので、使った後にホコリや髪の毛を取り除くだけでも、汚れを少なく出来ます。汚れだけではなくニオイも髪に付けてしまうので、普段のヘアブラシ・ケアもしっかりしておきましょう。加齢臭の気になる年齢の方は髪の臭いの原因にもなるため、ヘアブラシが汚れているのはいけませんね。

以上の様にヘアブラシを汚れない様にする方法があり、簡単なのでオススメです。