艶髪に必須の豚毛のヘアブラシ、使い方やお手入れは?

形だけでもたくさんの種類があるヘアブラシですが、毛の素材も本当に豊富。その中でも、高級ブラシと呼び声高く、かつ髪にもいいといわれているのが「豚毛」のブラシです。歴史はとても古く、はるか昔から人々の髪の健康を支えてきたといいます。

豚毛ブラシの特徴やメリット、お手入れ方法などのご紹介です。

豚毛のヘアブラシって

その名前から一目瞭然、ヘアブラシに豚の毛を使用したものです。動物の毛によるブラシなので、ナイロン製や樹脂製より高価な場合が多く、5,000円〜が相場となっています。

しかし、人工ブラシでは得られないブラッシング効果を期待できるので、女性をはじめ古くより数多くの人に愛用されてきました。

他にも猪の毛を使用したヘアブラシがありますが、それと比べても高い人気を誇っています。

髪への効果は?

まず、人工ブラシと比較した大きな違いは静電気です。ナイロン製ブラシは髪をとかしていると静電気が発生しがちですが、豚毛は非常に静電気が起きにくい性質を持っています。つまり、乾燥しやすいダメージヘアにも安心して使用できるのです。

そして、動物の毛ならでは、1本1本が細くかつ密集しているので、とてもやさしいブラッシングが可能です。毛に豚の油分が含まれていて、使い続けているうちに髪に自然なうるおいが生まれてきます。

事実、豚毛のヘアブラシを使い始めた方にヒアリングすると、「自然にしっとりしてきた」や「まとまりがよくなった」というコメントが多くあります。

また、硬すぎず、コシがあるので、頭皮マッサージにもおすすめの優れものです。

大切なのは、ブラシのお手入れ

ここが豚毛はじめ、動物の毛を使ったブラシのデメリットですが、人工ブラシに比べてお手入れに手間がかかります。

まず、用意しなければいけないのがブラシクリーナー。豚毛ブラシはホコリや汚れがつきやすいので、クリーナーを使って根元から書き出すようにメンテナンスしてください。あまりに怠ってしまうと確実にブラッシング効果は低下しますので、定期的なメンテナンスは必須です。

補足としては、ひとつしてはいけないことがあります。それが水洗いです。毛に含まれた水分により毛がバラバラになるだけではなく、カビが発生することも。豚毛ブラシは「洗わない」が鉄則となっています。

大切な髪はいいブラシで

生涯にわたり大切な髪。ぜひ、こだわりの1本として、お気に入りの豚毛ブラシを探してみてはいかがでしょうか。

その感触が気持ちよくて、もう手放せないという方も多いそうです。ちょっと高いかもしれませんが、毎日のブラッシングの時間をより魅力的なものに変えてみませんか。