不器用さん必見!ブラシ1本でできる、頭皮・髪のエイジングケア

「髪は女の命」と言われますが、艶のあるキレイな髪は本当に若々しさや上品さを惹きだしますよね。いつまでもキレイな髪を保つためには髪の土台、頭皮のケアが必須。そこで、不器用でもできる、ブラシケアをご紹介します。

カンタン時短!1日2回だけ、ブラッシングするだけ

ヘッドスパは自分でうまくできる自信がない…と諦めていたアナタ!ヘアブラシを使えば、ヘッドスパの目的である頭皮の血行促進がカンタンにおこなえます。おこなうタイミングは2回。朝のスタイリング前と、シャワーを浴びる前(シャンプー前の髪が乾いた状態)です。

では早速、手順を説明します。
1:髪全体をブラッシングして、ひっかかりを取ります。
2:下を向いて髪を前にたらし、うなじから頭頂部にむけて下から上へ10~20回ブラッシングします。ブラシが頭皮に当たるよう意識してください。
3:こめかみの横から頭頂部にむけて10~20回ブラッシングします。
4:オデコの上から後頭部にむけて10~20回ブラッシングします。
だんだんと、頭皮がポカポカするのを感じるはずです。シャンプー前におこなうと、頭皮の余分な皮脂が浮くのでいつもよりスッキリと洗え、髪のひっかかりが取れるので、髪のダメージも防げます。

朝は顔のむくみがスッキリしたり、寝ぼけていた顔がシャキッと目覚めます。続けるうちに、髪がふんわりとイキイキするのも感じられるはずです。また頭皮は顔の皮膚と繋がっているので、お顔のリフトアップ効果も得られる、一石二鳥どころか一石三鳥の嬉しい効果!

ぜひ実行してみてください。

今持っているブラシでいい?頭皮ケア向きブラシの選び方

ブラシ選びのポイントは「頭皮に優しく当たること」です。以下を参考に選んでみてください。

頭皮に優しいブラシ

頭皮にやさしいブラシは木のタイプやクッション性のあるブラシです。

頭皮にソフトに当たり、余計な刺激を与えない木のタイプや、ブラシの根本にクッション性があるタイプはマッサージもしやすくオススメです。

頭皮を傷つける可能性のあるブラシ

頭皮を傷つけないために、先の細くて尖ったコームタイプや、プラスチックのように硬いタイプは使用しないでください。頭皮が炎症すると無理に治そうと身体が反応し、老化の原因になってしまうので逆効果です。

継続することが大事

ブラッシングは頭皮だけでなく髪の毛の健康を保つにも効果的です。お気に入りの1本を見つけて、楽しんでマッサージをしてください。