赤ちゃんや子どもの髪を洗う時の注意点とは

大人に比べて赤ちゃんや子どもの肌はデリケート。頭皮だって同じです。そんな赤ちゃんや子どものシャンプーの選び方や使い方について知り、正しい方法で髪を洗ってあげましょう。

赤ちゃんや子どもの肌はどのような状態?

みずみずしくてもっちりしている赤ちゃんの肌。いつもしっとり潤っているような気もしますが、大人に比べると皮膚を構成する表皮の働きも不安定で、その次にある真皮層は大人の1/3しかありません。

また、皮脂の分泌も安定していないため、外からの刺激を受けやすく、バリア機能が十分でないため乾燥しやすくトラブルも起こしやすいデリケートな状態です。

生後3か月頃までは皮脂の分泌も多く乳児湿疹などができやすいのですが、その後は皮脂の分泌も減り乾燥しやすい肌になってしまいます。新陳代謝が活発で汗もかきやすいため、細菌が繁殖したりトラブルを起こしやすいと言えるでしょう。

赤ちゃんや子どものシャンプーの選び方

まだ首の座らない赤ちゃんを片手で支えながら頭を洗うのは大変ですし、小さい子どもは髪を洗うのを嫌がることが多いもの。また、赤ちゃんは新陳代謝が活発で頭皮からの皮脂の分泌も多いため、きちんと汚れを落としてあげないと脂漏性湿疹などを起こすこともあります。

そんな赤ちゃんや子どもにおすすめのシャンプーは、低刺激性で素早く洗える泡タイプ。大人用のシャンプーでは頭皮が乾燥してトラブルを起こすこともあるので、合成界面活性剤などの化学成分を使用していない赤ちゃん用のものを選びましょう。

ベビーソープで全身を洗う際に一緒に髪を洗ってしまっても問題ありません。

赤ちゃんのシャンプーの方法

正しく赤ちゃんにシャンプーをするためには、次の手順を守りましょう。

1.まず、ぬるめのお湯でそっと髪をぬらしてあげましょう。赤ちゃんの皮膚は薄いので温度が高いと熱すぎたり刺激になってしまいます。
2.最初にお湯で9割の汚れを落とすことができます。そっとお湯をかけて優しく汚れを流しましょう。
3.お湯だけで落ち切らない汚れはシャンプーを使って洗っていきます。シャンプーの泡で頭皮を洗うイメージで、指の腹を使ってマッサージするように優しく洗ってあげましょう。
4.最後に洗浄成分が肌に残らないようにぬるま湯でやさしく流してあげましょう。

赤ちゃんや子どものシャンプーで気をつけたいことは?

頭を洗う際は、目に入らないように注意しましょう。耳の後ろや首の後ろなどにはシャンプーが残りやすいので、流しにくければ濡らしたガーゼなどで洗浄成分を落としてあげてください。

赤ちゃんや子どもはシャンプーで洗うだけで十分です。髪をサラサラにしようとして大人用のリンスやトリートメントを使うとトラブルのもとになるのでやめましょう。

シャンプーの後はタオルでよく拭いて、ドライヤーで乾かしましょう。タオルで拭く時はごしごしとこすらずに優しく水気を取ります。頭皮が濡れたままの状態だと細菌が繁殖しやすくなるので、早めに乾かしてあげてください。

正しいシャンプーの使い方で、トラブルが起きないように気をつけながら、赤ちゃんや子どものデリケートな髪と頭皮を清潔に保ってあげましょう。