正しい洗い方でにおいもケア

毎日しっかりシャンプーをしているのに、なんとなく頭皮が臭う気がするあなた。もしかするとシャンプーの仕方が間違っているかもしれません。正しい方法と手順で洗えば、においもしっかりケアできます。今日からシャンプーの仕方を見直してみませんか?

自分にあったシャンプーを使っていますか?

家族でみんな同じシャンプーを使っている家もあるかもしれませんが、男性と女性ではシャンプーに求められる役割が違います。

女性の頭皮は皮脂が少ないため脂分を洗い流しすぎると乾燥してしまいます。一方で、男性の頭皮は皮脂が多いため、この脂分をしっかりと洗わないとにおいの原因となってしまいます。

ですから、女性は保湿成分などが配合されたシャンプーを、男性はある程度皮脂を洗い流す洗浄力のあるシャンプーで洗うのがおすすめです。

シャンプーの前にしておきたい3つのこと

この3つのことをするのとしないのとでは、洗い上がりに大きな差が出てきます。シャンプーの効果をしっかり実感するためにもぜひ実践して欲しいことが、以下の3つです。

1.シャンプー前にしっかりと髪をとかす

髪の絡まりをほぐしたり、髪表面の汚れやほこりを落とします。

2.シャワーでしっかりと汚れを落とす

シャンプー前のシャワーは髪を濡らすだけが目的ではありません。この段階である程度汚れを洗い流すことができます。

3.シャンプーは手の平で泡立ててから髪につける

髪の上でシャンプーを泡立てると、髪表面のキューティクルを痛めてしまいます。手の平で泡立ててから使います。

髪を洗うより、頭皮を洗うイメージで

髪についたスタイリング剤や汚れは、お湯で洗い流すだけでもある程度は落とすことができます。においを防ぐためにもしっかりと洗いたいのは頭皮の汚れと、皮脂です。指の腹で頭皮をマッサージするように、毛穴につまった余分な皮脂を浮かせることを意識して洗ってみましょう。

実は髪のベタつきやにおいの原因の大半が、この皮脂なのです。頭皮に残った余分な皮脂に雑菌が繁殖して、においを発生させています。ですから、においを防ぐためには、頭皮をしっかり洗うことが大切になります。

すすぎと乾燥も忘れずに

しっかりと頭皮を洗ったから大丈夫!と油断をしてはいけません。仕上げのステップでもにおいを防ぐために重要なポイントがあります。それは、すすぎをしっかりとするということです。すすぎには最低でもシャンプーの倍の時間はかけた方がいいというぐらい、すすぎは大切です。

いくらしっかりとシャンプーをしても、シャンプー剤が頭皮や髪表面に残っていたり、汚れが残っていては、そこで雑菌が増えてしまい、そこからにおいが発生します。

髪や頭皮のにおいの原因は皮脂ということを知って、今日から正しい洗い方をぜひ実践して、においケアをしましょう。