明日から始めたい!梅雨のうねり髪対策

どれだけ頑張ってもヘアスタイルがまとまらない梅雨。髪がうねる原因と、梅雨の時期に注意したいシャンプー選びのポイントやドライヤーのかけ方をまとめました。

まずはうねりの原因を知ることから始める

うねり髪の原因と切り離せない言葉として「キューティクル」があります。キューティクルは髪の表皮のことです。この表皮がはがれることがうねり髪の原因となっています。

キューティクルがはがれると髪に水分が侵入し、膨張します。髪の毛一本で考えた場合、キューティクルの右側にはがれたら右側部分に水分が侵入し、髪は左方向に曲がってしまいます。つまり梅雨に髪がうねってしまう人は、キューティクルを守る対策が必要なのです。

「さらさら系」でなく「しっとり系」を選ぶ

市販のシャンプー、リンス、トリートメント剤の種類は様々あります。そのため、どのような商品を選べばよいのか迷ってしまいがちです。しかし梅雨の時期はキューティクルのコーティング力が大事ですから、しっとり系の商品を選ぶようにしましょう。

しっとりとした重たい髪質になればヘアケアをしやすくなり、髪の毛がまっすぐになりやすくなります。ただし、髪の油分がもとから多い人に限ってはべたつきが気になってしまうこともあるため、様子を見て使い分けをしましょう。

ドライヤーのかけ方に気を配る

キューティクルは外部からの熱に弱いため、ドライヤーの使い方には要注意です。必要以上にヘアスタイルのセットに時間をかけると、熱によりキューティクルがはがれてしまいます。水分を飛ばせばうねり髪が改善すると思い、梅雨の時期だからといってドライヤーをかけ過ぎないように注意しましょう。

ドライヤーのかけ方は、弱めの温風の設定で使用するように心がけ、熱を頭部の上から当てるようします。根本が立たずに広がりをおさえることができるので、ぜひ試してみてください。

自宅、外出先でこまめにトリートメントする

キューティクルのはがれた部分をトリートメントでコーティングすることにより、ダメージを受けた部分からの水分の吸収を防ぐことができます。自宅では、洗わないで使用できるトリートメントを使うとコーティング力が高く効果的です。

また、外出してからもコーティングを持続させるために、霧吹きタイプのトリートメントを利用するとなお良いでしょう。

梅雨のうねり髪は厄介ですが、キューティクルがはがれていることが原因だと知ることで適切な対策を打てます。どれも明日からできる方法なので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。