シャンプーが合わない…その原因は何?

何かシャンプーが合わない…。そんな悩みを持っている人は、シャンプーの何が合わないのかを考えてみましょう。

洗う力が強すぎて頭皮に合わない感じがする!?

シャンプーが合わないとアレルギーだと考える人が多いですが、実はそうではありません。アトピーなどのアレルギー反応では、タンパク質成分がシャンプーに含まれていることが原因となります。

しかし、そういった成分が入っていないシャンプーなら、洗いすぎている可能性もあります。頭皮には皮脂や常在菌などなくてはならないものがあります。

それらの成分を洗いすぎる強いシャンプーでは、かゆみやフケなどのトラブルが出やすくなります。乾燥してパサパサになることもあり、頭皮の観察をしてシャンプーを変えたほうが良いでしょう。

十分に洗えていないからシャンプーが合わないと感じる?

頭皮や髪に優しいシャンプーが良いと言われて選んでいると、十分に清潔な状態にできていないこともあります。洗い切れていない頭皮に汚れが溜まっていくことで、かゆみや毛穴詰まりが酷くなります。

また汚れに反応して頭皮に湿疹が出るリスクもあり、その場合は皮膚科での治療が必要になるでしょう。洗い足りない場合は毛穴汚れがかなり酷くなりますので、美容師などにも確認してもらいましょう。シャンプーを変更するか、洗い方の工夫をする必要があります。

今使っているシャンプーが合っているかの確認ポイントをご紹介

ご紹介したように、シャンプーの強さでも合うか合わないかが分かれます。ここでは使用中のシャンプーが合っているかの確認ポイントをご紹介していきます。

1.自覚症状として感じる違和感は?

シャンプーが合わない時は、かゆいとかヒリヒリする、フケが出るといった自覚症状を感じます。痛みを伴う場合は皮膚病に近い状態もあり、医療機関での確認をしてみましょう。合わない場合はすぐに使用をやめ、病院へ行くことをお勧めします。

2.美容室で頭皮チェックをしてもらう

頭皮は自分でチェックできないので、美容師などの第三者に見てもらう方法があります。頭皮コンディションを数多く見ているでしょうし、定期的にサロンに行っている人は、頭皮の状態を毎回確認してもらいましょう。

以上のようにシャンプーから受ける影響で、合わない理由も見えてきます。チェック方法を利用して頭皮の様子を見る習慣をつけて下さい。