最近、注目される湯シャン。シャンプーしないのは本当に正しいのか!?

湯シャンで十分に汚れが取れるならシャンプーなんてしなくていい? どちらの方法が良いのかをよく考えるのがオススメです。

湯シャンが良いと言う人の言い分から考える

湯シャンと言ってシャンプーをしなくてもキレイになる方法がオススメされています。 このシャンプーをしない人たちの言い分としては、「シャンプーを使えば洗いすぎてゴワゴワだし、そのためにコンディショナーで油分を添加するのはおかしい」となっています。

確かに極端に安価なシャンプーならしない方が髪のダメージは少ないでしょう。 強力な界面活性剤をつけるのは避けた方が良いというのもわかりますが、美容師の話では毛穴に汚れが蓄積して、抜け毛のリスクもあるというのが現実問題のようです。

広まってきてからは、実際にシャンプーをしないで湯シャンで済ませる人も増えましたが、それによって問題も出てきています。整髪料などを使用する方は、シャンプー剤の力を使わないと汚れが残ってしまいます。

湯シャンの落とし穴がわかるとシャンプーの価値がわかる!?

強烈な洗浄力を持っている界面活性剤がシャンプーに入っていると、髪のゴワつきや頭皮ダメージに繋がってしまうこともあります。

お湯だけで洗いシャンプーをしなくても、それでも80%程度の汚れを落とすことが出来ます。 残り20%の汚れは、やはりシャンプーを使わないと落とすことが出来ないとも言われています。

石油系界面活性剤の仕様はオススメしませんが、アミノ酸系などの自然由来界面活性剤のシャンプーを使えば、マイルドな洗い上がりで頭皮の環境まで改善できるものなのです。

シャンプーをしないと汚れは落ちない?湯シャンとシャンプーの活用ポイントをご紹介

以上の様に、シャンプーしないでお湯だけで洗う湯シャンだけでは不十分な場合があります。ここからは、シャンプーも使いながらスカルプケアをする方法をご紹介します。

1.湯シャンはプレシャンプーとして活用

まず、シャンプーをしないというのではなく、後でシャンプーをするための下準備に湯シャンを使います。温めのお湯でゆっくり洗うと、汚れが80%近くも落とせますし、後でシャンプーをつけた時の泡立ちも違います。汚れが浮き上がるので、より一層シャンプーの効果が出やすいでしょう。2~3分程度で構いませんので実践して下さい。

2.シャンプーの方法も変えると効果アップ!

プレシャンプーが終わったら、洗浄力が低いと感じる程度のシャンプーを使用します。ほとんどの汚れが落ちていますし、お湯で浮き上がった汚れは、刺激の少ないシャンプーでも簡単に落とすことができます。天然成分だけのシャンプーならしない方が良いと思っていた人にも満足のいく洗い上がりになります。

ご紹介した様にシャンプーに一手間加えるだけで、優しく洗うことが出来ます。シャンプーしないのではなく、控えめの洗浄力で、しっかり洗った方が頭皮トラブルに悩まないのでオススメです。

湯シャンを試してみたい方は

1.ブラッシングをする

ブラッシングは過度にすると髪の表面であるキューティクルを傷つけてしまう事がありますので、優しく適度にしましょう。

2.「35℃」くらいのぬるま湯でしっかりと流す

この時に強く頭皮をこすりすぎるのはNGです。

3.薄めたクエン酸を塗布

最近では毛先のつるっと感を出すために毛先にクエン酸を使用する方が増えています。 お風呂場で桶に水をためてクエン酸を少し入れて馴染ませるといいそうです。

体験した方からお話を聞くと、賛否両論ですが 髪の量の多い方や皮脂が多い方は、匂いやベタつきが気になる方もいるそうです。