何が違うの?トリートメントとコンディショナーの使い方

愛用品がない場合、結構選ぶのが大変なトリートメントやコンディショナー。髪質別のトリートメントなど多くの種類があります。また、使い方によって本来の効果を期待できなくなることもあるため、自分に合った選び方と正しい使い方が欠かせません。

トリートメントの効果とは

トリートメントは髪の毛を健康にする目的で開発されました。シャンプーのようにすぐには流さず、つけてからじっくりと髪に馴染ませるのが正しい使い方ですが、トリートメントは髪の内部に浸透させるものです。髪の内側から補修させるように使用しましょう。

メイン効果は保湿です。頭皮のフケやかゆみを抑え、髪のパサつきや切れ毛・枝毛を防ぎ、つややかな髪づくりをサポートしてくれます。

トリートメントの頻度はどのくらい?

トリートメントは、はっきりと使用回数は決まっていません。なぜなら、使う人の髪や頭皮の状態によるためです。髪の毛が健康な方であれば週に1度でもなんの問題ありません。一方で、髪の毛が傷んでいる人は週に複数回、毎日使うことも効果的です。

つまり、正しいトリートメントの使い方は効果次第ということ。効果を実感しながら頻度を決めていきましょう。「今日はなんだか髪が傷んでいるかも…」という日に使う集中ケアとして使ってもいいでしょう。

成分は安心かどうか確認して

トリートメントに限らず、コンディショナー、シャンプーにも言えることですが、選び方の基本は安全かどうか。たまに「低分子性カチオン活性剤」、「合成界面活性剤」などが使われているトリートメントを見かけますが、これらの成分は髪や頭皮に悪い影響を及ぼします。

ぜひ購入前には成分記載をチェックしてください。人間の髪質のように、トリートメントの種類も千差万別です。安全で自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

効果をより実感したい方は「洗い流さないトリートメント」がおすすめです。有効成分をいかに髪に留まらせるかがトリートメントのキーポイントですから効果的に活用しましょう。

コンディショナーの選び方・使い方は?

コンディショナー選びもトリートメントとほぼ同様です。まずは安全で髪や頭皮にやさしいものを選びましょう。さまざまな種類がありますから、「無香料・無着色・低刺激性」を確認して自分に合いそうな製品を探してみてください。

使うときはシャンプー後にトリートメントをつけ、その後コンディショナーの順でつけましょう。

「トリートメントとコンディショナーを併用すべき?」という声を聞きます。この質問に対しては好みによるところもありますが、コンディショナーの効果も担ってくれるトリートメントも多くあります。どうしようかと考えている方は、トリートメント1本にまとめてしまってもいいかもしれません。