ナチュラル派必見!石鹸シャンプーの使い方&リンスの選び方

シャンプー選びは髪質や頭皮の状態によりさまざま。なかなか自分にあったものが見つからない、という人も少なくありません。そんな中でナチュラル派で愛用者が増えているシャンプーが「石けんシャンプー」です。石けんシャンプーの特徴からリンスの選び方までをご紹介していきます。

石けんシャンプーって?

その名の通り、石けんの成分を配合したシャンプーのことを「石けんシャンプー」と言います。成分は大きく分けて2種類です。「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」のどちらかが配合されています。

これらの成分は従来の石けんに使われているわけですが、洗浄力が高く、生分解性にも優れています。つまり、よく洗えて、環境にやさしいといった特徴を持っているのです。

洗いにくいけど、効果的?

「よいシャンプー」を探して石けんシャンプーに辿り着いた方は疑問を抱くかもしれません。はっきりと言ってしまえば、石けんシャンプーは「洗いにくい」、「シャンプーのあとにゴワつく」、「指にひっかかる」といった特性があります。

しかし、石けんシャンプーは愛用者がたくさんいます。なぜでしょうか?理由は配合成分の「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」が、人間が本来持っている自然治癒能力を高めてくれるから。

使い続けていくうちにその人が元から持っていた髪の艶やハリ、そしてコシの蘇りを期待できるのが石けんシャンプーの魅力なのです。そして、かゆみやにおい、抜け毛にも効果があるといった声も寄せられていると言います。

石けんシャンプーの使い方は?

石けんシャンプーは洗い方が独特ですので、しっかりと覚えておきましょう。キーポイントは「泡立ち」。そのまま通常のシャンプーから切り替えると、最初は泡が全然立たないということもあります。

しかし、泡立ちにくいのは髪に残留しているシャンプーや整髪料の成分によることなので心配は無用です。使い続ければ簡単に泡立てられるようになっていきます。どうしても泡が欲しい人は、洗髪用のブラシを使うことがおすすめです。

リンスも石けんシャンプー用を選びましょう

石けんシャンプーの多くは弱アルカリ性のため、洗うと髪のキューティクルが開いた状態になります。よって洗髪後のケアとしてリンスも重要で、弱酸性または石けんシャンプー専用リンスを選ぶといいでしょう。

髪や頭皮にトラブルを抱える人は、ぜひマイ・シャンプーの選択肢に「石けんシャンプー」を入れてみてください。