酢リンスの作りかた

お酢を利用して作る酢リンスをご存知でしょうか?これは、自宅で誰でも簡単に作ることができます。手軽なアレを使って、良いリンスが完成。この記事では、酢リンスの作り方について紹介します。

酢リンスの効果とは?

そもそも酢リンスにはどのような効果があるのでしょうか。まずは、酢リンスの2つの働きをご紹介します。

キューティクルを引き締めて潤うサラサラ髪に!

キューティクルとは髪の内部を保護する表皮組織です。その形状は魚のうろこのようになっています。キューティクルは、アルカリ性の状態では開き、酸性の状態では閉じる性質を持っています。キューティクルが開いていると栄養や水分が流れ出てしまったり、開いたキューティクル同士が絡まったりするため、ゴワゴワした髪質になってしまうのです。

酸性の酢リンスを使うと、キューティクルを閉じることが出来ます。引き締まったキューティクルは、髪の内部に水分と栄養を閉じ込めてくれるので、サラサラの髪になるのです。

抗菌効果が頭皮トラブルを予防

頭皮は非常にムレやすく菌が繁殖しやすい環境。雑菌が繁殖するとフケやかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こす原因になります。酢リンスにはそんな頭皮トラブルを予防する効果があるのです。

お酢には抗菌作用があります。酢リンスを使うことによって、お酢の成分が頭皮の菌が増殖するのを抑えてくれるのです。これによって雑菌の繁殖による頭皮トラブルを予防し、髪を清潔な状態に保つことが出来ます。

酢リンスを作ってみよう!試してみよう!

それでは、実際に酢リンスを作る方法についてご紹介します。

1.その名の通りお酢を用意しましょう

酢リンスは、ずばり「酢」を使って作るリンスです。ここで利用する酢は、どのようなものでも大丈夫です。スーパーなどで、1本100円程度で販売されているような食物酢でも大丈夫です。

しかしながら、独特の酸っぱいニオイが苦手な方もいらっしゃるでしょう。その場合はニオイが比較的抑えられているリンゴ酢や黒酢、ワインビネガーなどを用意するのがおすすめです。食物酢よりは高くつきますが、ストレスなく使い続けられるものの方が良いでしょう。ただし、寿司酢など、砂糖が入っているものはベタつきの原因になるので、添加物の含まれないものが望ましいです。

2.作り方について

作り方と言っても難しいことは何もありません。洗面器にお湯をはって、そこに酢を大さじ一杯から二杯程度入れて混ぜます。これで出来上がりです。

また、お酢のなかにハーブを入れて10日間置いたものを使用してみても良いでしょう。ハーブティーを入れてみるのもおすすめです。同じように、適量をお湯に溶かして使います。

空のペットボトルや、100円ショップなどで売っているボトルなどに移して使うと便利です。使う度に酢リンスを作るのが一般的ですが、毎日使うようであれば保存しておくのも手です。

3.酢リンスの使い方について

使い方もとても簡単です。石鹸シャンプーを行った後、よくすすぎます。髪や頭皮に石鹸が残っていると、かゆみやフケなどのトラブルの元ですから注意して行います。これは石鹸シャンプーに限ったことではなく、一般的なシャンプーを使用する時も同じです。

しっかりとすすいだら、先ほど作っておいた酢リンスを髪や頭皮全体に行き渡らせるようにします。酢リンスが全体に行き渡ったら、軽く頭皮マッサージをすると良いです。それが終わったら、洗い残しがないよう、キレイに洗い流します。きしみが感じられなくなっているはずです。乾燥が気になる方は、酢の量を増やしてみてください。

4.酢リンスを使用する際の注意点とは

酢リンスを使う際は、石鹸シャンプーを使うことをオススメします。界面活性剤が使われている市販のシャンプーは洗浄力が強いために、過剰に皮脂を落としすぎてしまい、乾燥の原因になることがあります。石鹸シャンプーは、洗浄力がマイルドなので髪と頭皮に優しいのです。石鹸シャンプーや塩シャンプーなどは、抜け毛や白髪予防にも効果があるとされています。

石鹸シャンプーで洗髪すると非常にきしむのですが、それはキューティクルが開き、そこに石鹸がくっつくからです。石鹸シャンプーはアルカリ性。それがキューティクルを開かせます。その状態のところに、キューティクルを引き締める作用のある酢リンスを使用することで、手触りの良い髪の毛に変わるのです。

残念ながら、普通に市販されているシャンプーを使用しても効果は感じられません。むしろ、髪が弱酸性の状態で酢リンスを使ってしまうと、酸性が強くなりすぎてしまい、髪を傷める原因になります。酢には脱色の作用もあると言われているくらいですので、使いすぎには注意してください。

「酢リンスを使うと、髪から酸っぱい匂いがしないか心配」という方もいると思います。たしかに、酢リンスには良い香りのする成分が入っていないため、市販のシャンプーのような香りはしません。しかし、酢リンスをしたあと、しっかりと洗い流し、ドライヤーで乾かせば、酢の匂いはほとんどしなくなります。それでも、どうしても匂いが気になる場合は、酢の代わりにクエン酸やレモン汁で代用してみてください。

環境にも優しく髪にも優しい酢リンス。もちろん、頭皮も良い効果をもたらしてくれます。身近なもので試せますので、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか?