今どきリンスは不要?

現代ではリンスの代わりにトリートメントやコンディショナーを使用する人が増えシャンプーだけの人もいます。それはなぜなのでしょうか?

そもそもリンスって何のためにあったもの?

昔は、洗浄力の強いシャンプーや石鹸しかなかったので、洗い上がりがゴワゴワしてしまうため、髪をしっとりさせるリンスが必要でした。しかし現在では、シャンプーの質もよくなり、ダメージケア成分が含まれているものも多くなったため、リンスは不要とも言えます。

リンスよりトリートメントやコンディショナーが選ばれる理由

リンスの他にはコンディショナー、トリートメントがあります。 この3つの違いを見てみましょう。

リンス

髪の表面を油分で保護し、静電気や髪のきしみを防いで、手触りをよくする役目があります。

コンディショナー

リンスと効果は同じですが、髪の表面を保護する力がリンスより強いです。髪のコンディションを整えるもので、最近はリンスよりもトリートメントよりのものがあります。

トリートメント

髪の内部にまで成分が浸透し栄養を補いダメージを修正します。浸透させるために放置時間をとったり、加温したりすることで効果が増すので、使用方法もリンスとは異なってきます。

現在では、ヘアケアに対する関心や知識も高まっているため、リンスよりもダメージケア成分などが多く含まれているトリートメントやコンディショナーを選択する人が増えています。

健康な髪の人でも月1回はトリートメントをした方がいいと言われるくらいなので、パーマやカラーをしている人はもちろん日頃のヘアケアとしてシャンプー以外のトリートメントやコンディショナーなどのヘアケア用品を使用することをおすすめします。