自宅でのトリートメントで水分補給

傷んだ髪をケアする手軽な方法に、トリートメントがあります。特に、パーマやヘアカラーの後には、しっかりとトリートメントをしなければ髪が痛んでしまいます。自宅でトリートメントをするときには、どのタイプを選べば良いのでしょうか。

リンスでもケアができる?

リンスとトリートメントは、目的が違います。リンスは、キューティクルの表面を覆って髪を保護する役目があります。

一方、トリートメントは、傷んだ髪の内部に、不足している栄養や水分を補給することを目的としています。リンスを使うと、髪にツヤが出て櫛通りが滑らかになります。しかし、これは表面だけの効果なので、シャンプーで全て落ちてしまいます。

髪の回復を目的とするなら、トリートメントをするほうが良いでしょう。

トートメントの種類

色々な分け方がありますが、大まかにいうと3つのタイプになります。

1つめは、ドラッグストアなどで良く見るタイプで、オイルを主体とするトリートメントです。このタイプはリンスと併用の物が多く、付けてすぐに洗い流しても一定の効果があります。順番として、リンスは外側をコーティングする役割なので、トリートメントをしてすすいでからリンスをします。

2つめのマニキュア効果と表示されているものです。髪をコーティングして外部の刺激から守る作用があります。

3つめは、美容室で使われるタイプで、ダメージヘアのケアを目的としているトリートメントです。アミノ酸やタンパク質を髪に補給する作用が高く、価格も高めです。

トリートメント選び

パサパサしてツヤがないダメージヘアは、乾燥しています。ですから、自宅でのトリートメントの場合は、水分を逃がさないことが大切です。ダメージによるパサつきを軽減させたい場合は、洗い流すタイプのトリートメントでじっくり補修しながら、ブロー前にも洗い流さないトリートメントを付けてあげると良いでしょう。

トリートメント剤も、保湿成分が多く含まれているものを選ぶと良いでしょう。物によって成分は違いますが、植物性オイル、馬油、バラ、アロエなど、様々な保湿成分があります。クセやうねりを軽減させたい場合は、ブロー前やスタイリング前にオイル成分を配合したトリートメントをつけると良いでしょう。

また、パーマヘア用とかヘアカラー用などの髪に合わせたトリートメントもあるので、自分の髪をよく見て選びましょう。カラーやパーマによるダメージを軽減させたい場合は、根本てきなダメージを軽減してくれる「ケラチンタンパク」を含んだ髪の化粧水を、ブロー前につけてから乾かした後もオイルの洗い流さないトリートメントで保護してあげると良いでしょう。

自宅トリートメントのポイント

トリートメントは、シャンプー後に髪の水分を拭き取ってから使います。

ポイント1地肌には絶対に付けない

トリートメントは、髪の毛のためのヘアケアです。地肌に付けると、毛穴を塞いで吹き出物などの肌トラブルの元になります。

ポイント2よく馴染ませる

手で付けた後にコームなどで優しく梳かすと、髪の1本1本までトリートメントを行き渡らせることができます。力を入れずに、そっと梳かしましょう。

ポイント3熱めのタオルで蒸す

付けたあとに時間を置く場合は、蒸しタオルで頭を包みます。少し熱めのお湯でタオルを絞ると、さらにトリートメントが髪の内部まで浸透していきます。

しっかりダメージケア

パーマや縮毛矯正をかけた後は、髪を洗うたびにトリートメントをしたほうが良いでしょう。それほどダメージが目立たない場合は、2,3日に1回でもかまいません。

また、トリートメントによっては、しっかりと洗い流すタイプとサッと洗い流すタイプがあります。使い方をよく読んで、間違えないようにしてください。

きちんとケアをすれば、自宅でのトリートメントでも十分ツヤツヤの髪になるはずです。