髪に良くない!?シリコン入りのトリートメント

ノンシリコンシャンプーの流行から髪や頭皮に良くないという印象をもたれがちな「シリコン」。シリコンのコーティング作用を適切に理解してみましょう。

そもそもシリコンは良くないの?

シリコンは、髪の手触りや指通りをよくするための「コーティング成分」の一種です。これが髪の成長や、頭皮にとって良くないとされ、最近では「ノンシリコン」のヘアケア商品が人気を集めているようです。

しかし、「シリコンは髪の毛や頭皮にダメージを与える」ということはありません。また、シリコンは大変微細な物質ですから、すぐに髪の毛や頭皮に蓄積してしまうと言うこともないのです。

シャンプーにシリコンは無くてもよい

ほとんどのシャンプーにはシリコンをはじめとしたコーティング成分が含まれています。しかし、上記のようにシリコンは髪の毛や頭皮に害をもたらすものではありません。心配な方は、洗髪後にきちんとすすぎを行えば、全く問題ないでしょう。ただし、それでもなお心配だと言うことでしたら、ノンシリコンシャンプーを利用しましょう。

実際に、シャンプーの大きな目的は「過剰な油分や付着した汚れを落とすこと」にあるので、シリコンなどのコーティング成分はなくてもよい成分です。

また、髪を軽くナチュラルに洗い上げたい方にはノンシリコンシャンプーがおすすめできます。髪のコーティングが行われない分、ふんわりと柔らかく洗い上がります。

トリートメントにはシリコン入りが良い?

シリコンでなくてもかまいませんが、トリートメント剤には何らかのコーティング剤が含まれていた方がベターと言えるでしょう。髪の毛に浸透した有効成分の流出を防ぐ役割を果たしてくれるからです。

また、コーティング剤によって髪の毛の指通りがよくなりますので、ブラッシング時の抜け毛や切れ毛を防ぐことも可能に。よって、トリートメント剤については特にシリコンに対して神経質になる必要は全くないですよ。