トリートメントの選び方と効果

シャンプーの後に髪を健康に保つためにヘアケアとしてトリートメントやリンス、コンディショナーを使いますが、皆さんは普段何を使っていますか?

ここでは、トリートメントの目的別選び方と効果について解説します。

トリートメントの効果とは?

トリートメントとは、キューティクルを整え滑らかな髪を保ち、痛んだ頭髪に染み込み内部から補修、表面をコーティングして保護する働きがあります。

トリートメント本来の目的は、「水分と油分を補う」ことです。毛髪の理想的な水分量は12~13%なので、シャンプーをしながら髪に水分をしっかりと含ませ、油分でコーティングしてあげます。また、ドライヤーの熱などからの乾燥も防ぎ、同時に枝毛・切れ毛を防ぎます。

トリートメント、リンス、コンディショナーの違いって何?

シャンプーの後に使うトリートメント、コンディショナー、リンス。いずれも毛髪をコーディングするヘアケア剤ですが、これらの違いについてあまりよく知らないという人も多いのでは?そこで3つの違いをまとめてみました。

トリートメント

毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができます。本来は、洗髪後乾いた毛髪に施すヘアケア剤として開発されましたが、現在はシャンプー後に使用し洗い流すものもあり、リンス感覚で使用されています。近年は、トリートメントよりも粘度が高い「ヘアパック」も登場しています。

リンス

リンスは、英語で「すすぐ」という意味で、これらの中でも最初に開発されたヘアケア剤です。アルカリ石鹸を中和させ、くし、指通りを良くし、石鹸カスを落とすために作られたものです。髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりをよくします。粘度は低く、毛髪の内部には作用しません。

コンディショナー

シャンプーの後、毛髪のコンディションをよくする目的で開発されたヘアケア剤で、毛髪に汚れがつかないようにしたり、サラサラ・しっとりさせたりします。リンスに近いですが、リンスよりも髪の表面をコーティングする力がやや強く、毛髪に吸着(内部に少しだけ浸透)します。

トリートメントの選び方

トリートメントといっても種類は様々ですが、選ぶポイントは髪の毛をどんな状態にしたいか決まります。

枝毛、乾燥などを防止するには?

ヘアカラーなどで傷んだり乾燥したりしている髪質の方は上記の1と3がおすすめ。またホホバ、アロエエキス成分が配合されているトリートメントがいいでしょう。

艶を出したり、しっとりしたい場合は?

2のコーティング効果のあるものがおすすめです。髪本来をいたわり、しっとりと整えてくれる、イラクサ、アーモンド、ハチミツ成分が配合されているトリートメントがいいでしょう。テクスチャーは洗い流さないタイプでも流すタイプでもどちらでも大丈夫ですが、さっぱりとしたミルクやジェルタイプなどがあります。

オイリーヘアに悩んでいる場合は?

オイリーヘアやまとまりが欲しくて悩んでいる方は、テンサイエキス、プロテイン配合のトリートメントがおすすめです。

より効果的に使うには?

せっかくトリートメントをしているのだから効果的に使いたいものですよね。そこで、効果的なポイントとしては、シャンプー後にトリートメント剤の油分をはじかないよう、軽くタオルドライをすることです。内側からやさしくポンポンと抑えるようにトリートメントを髪につけていきましょう。

特にダメージがひどい方は、トリートメント剤を髪につけた後、シャワーキャップをかぶり、湯船につかるなどして5~10分ほどおくようにしましょう。毛髪があたたまることでタンパク質の結合がゆるみ、トリートメント剤がより内部に浸透するのでおすすめです!週に2回くらいがベストです。