メンズ要チェック!髪はドライヤーの使い方でキマる!

ヘアアレンジのセットに大切なのはスタイリング剤の使い方だと思っている人もいるかもしれません。しかし、スタイリング剤はもちろん大切ですが、ドライヤーのかけ方も重要です。

濡れた髪をいかに乾かして、アレンジしやすい状態にもっていくかがドライヤーの役目ですから、ヘアアレンジの基盤になります。

スタイリングは濡れた髪から

人の好みにも、髪型にもよるのですが、スタイリングをするときは髪の毛が濡れた状態から始めた方がスムーズにキマります。「スタイリングに自信がない」という方は、一度頭をシャワーなどで濡らしてから整えるといいでしょう。

濡らした頭は、まずタオルでしっかりとふいていきます。ここではゴシゴシとこすってドライする必要はありません。あくまでもソフトに、余分な水滴をタオルで吸い取っていくイメージです。

最初は強、あとは中

髪の乾かしはじめは、ドライヤーの強(ターボ)を、しばらくして中モードを使います。自由に乾かしてOKですが、ここで気をつけたいのは次の2点です。

まず、ドライヤーと髪との距離です。ご存知の方も多いと思いますが、ドライヤーの熱は確実に髪にダメージを与えてしまうもの。最低でも15センチ以上〜の距離をとって乾かしていきましょう。

次に、風のあて方。まんべんなくは基本中の基本ですが、大切なのは根元から乾かすことです。根元に空気がしっかりと入ることで、髪のボリュームも出てきます。ある程度頭全体にざっくりとドライヤーをかけ、少し乾いてきたなと感じたら、根元からすくい上げるようにしていきましょう。

スタイリングは半乾きで

今度は待ちに待ったスタイリングですが、半乾きの状態で行うのがベストです。少し水分を髪が含んでいる状態がもっともスタイリング剤ののりもいいとされています。

ワックスやジェル、スプレーなどこだわりのスタイリング剤を駆使して自分が求める髪型をつくっていきましょう。

さて、ここでもドライヤーは活躍してくれます。もしボリュームを出したい髪型であればドライやは髪の根元へ。クセをつけたいときはその部分を手でねじり、持ち上げてたところにドライヤーを。また、流れをつけたいときは手で流れをつくりながら髪をおさえて風をあてます。

ドライヤー上手はスタイリングを制す

世の中にこれほどたくさんのヘアアレンジが溢れているのも、ドライヤーのおかげです。よく「ドライヤーなんて、簡単」だと考える方もいるかもしれませんが、テクニックの有る無しにより、同じアレンジでも雲泥の差です。

ぜひ、自身のヘアアレンジをより素敵に見せるドライヤーの使い方をマスターしてみてください。