ドライヤーから出る電磁波、身体に影響は?

毎日髪の毛を洗っている方が多いと思いますが、洗った後はドライヤーを使用している方がほとんどでしょう。気になるのが電磁波のこと。この記事では、ドライヤーから出る電磁波についてご紹介します。

やっぱり出ているの?ドライヤーからの電磁波

それでは、ドライヤーの電磁波についてご紹介します。

1.毎日使うドライヤーの電磁波はどうなっている?

ドライヤーは、身近な電化製品の一つであり、毎日使用している方も少なくありません。ドライヤーからも電磁波はやはり出ています。ではどのくらいの電磁波が出ているのかと言えば、およそ2.9マイクロテスラ。

テレビが0.3マイクロテスラで、ITクッキングヒーターが2.5と言われていますから、それに比べれば若干高いかもしれません。しかし、いずれにしても国際機関のガイドライン値である、100マイクロテスラよりもずっと低い数値です。

電磁波は、蓄積されるものではありません。ですから、ドライヤーを複数回使っても大丈夫です。他の電化製品についても同じことが言えます。

2.そもそも電磁波って何でしょうか?

電磁波は、磁界と電界の変化によって発生する「波動」のことです。様々な種類があり、それぞれ特徴もあります。

私たちの周りには多くの電化製品がありますが、これからも電磁波は出ており、現代社会に生まれた人たちは皆その中で暮らしていると言ってよいですし、そうせざるをえないと言ってもよいかもしれません。

とは言え、電磁波が身体にどのような影響を及ぼすものなのか、それは誰もが気になるところ。色々な情報が入ってくる中、やはり電磁波についても心配になってくるのも無理はありません。

もし何らかの害があるとなれば、使用についても考え直したいと思うのではないでしょうか。

電磁波において注意しなければならないのが、「短期的影響」と言って、強力な電磁波を一度に浴びることで考えられる影響。そして、長期にわたり弱い電磁波を浴びることで出る「長期的影響」です。

普通の生活をしていれば、それほど強い電磁波を浴びるようなことはありません。それに、今のところ長期間弱い電磁波を受けたことで、発病に至ったケースはありません。

遺伝子レベルで見た場合も、傷が付くこともありません。つまり、因果関係は認められていないのです。安心して電化製品を使って頂いて良いですし、安心して生活できます。

3.それでも気になるなら

心配しなくても良いと言われても、どうしても気になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。そのような方は、ドライヤーを使う時間をなるべく短くする方法を考えてみても良いでしょう。

タオルドライをしっかりと行なって、短い時間で乾かしたり、長い髪だとどうしてもブローに時間がかかってしまいますから、ショートカットにするという道もあります。