ドライヤーは価格も大事!機能も充実させる選び方を大公開!

機能の高いドライヤーが欲しいけど価格が負担なのはムリ!そんなあなたに最適なドライヤーの選び方をご紹介します。

価格と機能のバランスを考えたドライヤーの選び方がある!?

シャンプー後に髪の毛が乾けばいい。そう思ってドライヤーを選んでいる方は少ないでしょう。最近ではマイナスイオンやカールドライヤー、ターボ機能がついているなど、髪の毛を守るケアまで出来るタイプも充実してきました。

ヘアスタイルや髪質でも使い方が変わるドライヤーなので、欲しい機能があってしかも安価なら使いやすいです。

乾燥させるだけのドライヤーなら温風と冷風の切り返しかありませんので、2,000円以内で購入できます。機能が多く充実するほど価格も上がる傾向があります。ところが、多機能なドライヤーでも「この機能は使わない」というものがあります。

そこで、ご自分で使いたい機能から考えてみましょう。髪の毛を守る、保湿効果がある、頭皮ケアが出来るなど、ピックアップした条件だけを持つドライヤーなら、控えめの価格で手に入れることが出来ます。

タイプ別でドライヤーを選ぶと価格もセーブ出来る!?

大まかに2つに分けると、ヘアドライヤーとカールドライヤーがあります。洗面台周りは、何かとものが増え、乱雑になりますので2つとも持っていると邪魔になってしまうのです。そのため、いずれかのドライヤーでヘアセットをするケースが多いですね。

確かに両方持っていると、どんなヘアスタイルにも対応しやすいですが、利用頻度の高いものを1つだけ選びましょう。ヘアドライヤーならブラシとの併用、そしてカールドライヤーはヘッド部分を外せば使い方が広がります。

機能的なドライヤーを2タイプ持つのも価格は高いですし、負担になってしまいます。コストも収納もコンパクトにするなら、使い回しのしやすいドライヤーを選びましょう。

女性向けに抜け毛予防が出来る簡単な4ポイント・ケアをご紹介

ご紹介した様にドライヤーは価格と機能のバランスが大切です。ここからは便利な選び方をご紹介します。

1.使う用途に合わせたドライヤー選び

ご自分に合わせたヘアスタイルがあり、あまり変える事はないのなら、そのスタイリングに適したドライヤーを探しましょう。また、付加したい機能がありますので、最低限の機能で購入しやすい価格のものを検討します。やはり、1つのドライヤーだけでは比較が出来ないので、2~3タイプのドライヤーをピックアップして、機能と価格のバランスを見ながら、最終的に1つに絞ります。

価格が安ければ良いと、機能を無視した購入をすると使いにくくなり買い換えをしなくてはいけなくなります。

2.長く使うなら本体価格だけでは決められない

価格と機能で選んだドライヤーは、使いやすいと長年使用したくなります。年数が経過すると、部分的な故障もあり、部品交換をすることもあるでしょう。本体価格は十分に検討しても、修理費用や交換パーツの価格まではチェックしない方が多いのです。

中には、本体価格は抑えてあるけれど、修理に高額な費用が請求されるケースもあります。アフターメンテナンスまで充実しているメーカーのドライヤーを選びましょう。

以上のように価格と機能が充実しているドライヤーは、スタイリングの自由度を上げて快適にします。これから購入する、また買い換えるという方は参考にして下さい。