マイナスイオンドライヤーは本当に効果があるの?

現在、電気屋さんに並ぶドライヤーの多くは、マイナスイオンが出るとうたっています。なんとなく髪によさそうだという理由で使っているマイナスイオンドライヤー。本当に効果はあるのでしょうか?

数年前、大手家電メーカー数社のマイナスイオンドライヤーが効果を過大に宣伝しているとして、東京都が改善要求を出したことで話題になりました。また、そもそもマイナスイオンそのものが、健康や美容に効果があるとはいえないのではないか、という議論もあります。

そんな、今ひとつ効果を信用しきれないマイナスイオンドライヤーの、実態について探っていきます。

そもそもマイナスイオンって何?

マイナスイオンとは、一般的には、-の電気を帯びた微粒子水のことと言われています。

1990年代の終わり頃から、リラックス効果があるとか、美容や健康にいいと言われて一大ブームを巻き起こしました。ただし、こうしたマイナスイオンの身体への効果は、科学的にきちんと実証されているわけではありません。それどころか、そもそもマイナスイオンという言葉自体、科学用語ではなくただの造語で、正確なマイナスイオンの定義は存在していないのです。

そのため、巷にはマイナスイオンと名のつく商品があふれていますが、そのどれもが同じ物質を指しているわけでありません。つまり、マイナスイオンとは、さまざまなメーカーが好きなように使っている、便利な宣伝文句ともいえるのです。

ドライヤーから出てくるマイナスイオンとは?

では、ドライヤーから出ているというマイナスイオンは、一体どんな物質なのでしょうか。

大手家電メーカーから発売されているドライヤーから出ているマイナスイオンは、負の電荷を帯びた微粒子水です。空気中の水分から生み出されるその小さな水の粒子が、乾燥しがちな髪内部や地肌に入り込み潤いを与えて、さらに髪のダメージの原因となる、静電気の発生を抑えているのです。こうしたマイナスイオンドライヤー働きが、髪にしっとりとしたツヤを引き出し、まとまりやすい髪へと導いているのです。

まずは自分の髪で、実際に試してみましょう!

「マイナスイオン」という言葉自体には疑いの声が数多く出ていますが、実際のところ利用者の多くは、その効果を実感しています。それは、マイナスイオンドライヤーが、他のドライヤーと比べて高い値段設定ながら、確実に売れていることからもうかがえます。

よくわからないメーカーが出している安いマイナスイオンドライヤーでは、あまり効果が実感できないかもしれません。しかし、大手メーカーがそれなりの価格で販売しているマイナスイオンドライヤーは、値段に見合った研究に基づく高度な機能をもっていると言えます。

巷の声だけに踊らされず、まずは店頭に置かれているお試し商品を使ってみましょう。驚きのツヤ髪体験ができるかもしれません。