ボサ髪を卒業!正しいブローで髪を成形して、1日中ツヤ髪で過ごそう

ブローで髪を成形すると、髪にツヤが出て、下ろしてもアップでもキレイに決まります。また1日中乾燥や広がりを感じにくくなりイイコトづくし。ブラシ使いが苦手な方でもカンタンにできるブロー方法をご紹介します。

ブローの役割

髪の細胞同士を結合している一部に、「水素結合」というものがあります。水に濡れると結合が取れ、乾くと結合されるのが水素結合の特徴。髪が濡れるとクセが伸びたり、柔らかく感じたりするのはこの水素結合の反応です。

この反応を利用して、乾かしながら髪を成形することが「ブロー」と言います。

不器用な方でも大丈夫。ひとテクでツヤ髪になるブロー方法

美容師さんのように、ヘアブラシで器用にブローするなんて無理!と思う方のために、ひとテクでツヤが増すブロー方法をご紹介します。

通常通り手ぐしで髪全体を9割程乾かした後、ドライヤーを10~15センチ離し、頭の斜め上から温風を当てます。髪を少し下に引っ張るように整えましょう。これを髪表面の全体におこない、最後に冷風を当ててください。

たったこれだけで、髪のツヤが増し、美しい髪を演出してくれます。

毎日おこなえば、ダメージに強い髪に!

熱をずっと同じ個所に当て続ければダメージしますが、適度なブローは髪のキューティクルを整え、外部の刺激に強い状態を作ることができます。

髪のツヤ、潤いはキューティクルがきちんと整っていることが重要なので、毎日きちんと整えて、毛先までツヤツヤで健康な髪を手に入れましょう。