リンスインシャンプーってアリ?ナシ?メリット・デメリットを知る!

忙しい女性に嬉しいリンスインシャンプー。シャンプーとリンスが混ざっているだけ?子供と一緒に使える?など、知っていそうで知らなかったマメ知識と、リンスインシャンプー向きの髪質を知って賢く使いましょう。

シャンプーとリンスを混ぜたらリンスインシャンプー?

1回で2つの効果を得られる「リンスインシャンプー」。通常のシャンプーとリンスを混ぜればリンスインシャンプーになるわけではありません。リンスインシャンプーのリンス成分は、通常のリンスよりも分子量が大きく、シャンプー成分が髪に作用した後に作用するよう、浸透時間を考えられた処方になっています。

シャンプー成分が髪の汚れを取った後、リンス成分が髪をコーティングする流れを1本でおこなえる画期的な商品なのです。

リンスインシャンプーのメリット、デメリット

そんな画期的なリンスインシャンプー、メリットとデメリットを知って、上手に使い分けてみてくださいね。

メリット

「低コスト」
2つの商品を購入しなくて済むので低コストです。また、すすぎにかける水道水も少なくて済むので、水道代も少なく済みます。

「時短」
すすぐ→洗う→すすぐ→塗布する→すすぐという工程の最後の回が単純になくなるので、時間もスピーディー。忙しい方にこの時間短縮は嬉しいですね。

デメリット

「ケア力」
リンス単体の物に比べると、ケア成分は薄くなるので髪へのケア効果は低いです。髪がダメージしている方にはあまり向いていません。

「頭皮のスッキリ感」
シャンプー後にすぐリンス成分が作用するので、リンスを付けなくてもいい頭皮にまでリンス成分が付いてしまいます。頭皮が脂っぽい方にはオススメできません。

頭皮の状態によって使い分けよう

リンスインシャンプーは皮脂が気になる時は洗浄力、ダメージが目立つ時は補修効果に欠けるためおすすめしません。髪の状態を見極めて使用するようにしましょう。