危険なシャンプーの見分け方とは

シャンプーには、汚れを落とす界面活性剤という洗浄剤成分が含まれています。この界面活性剤は危険なシャンプーを見分ける重要なポイントになっています。

その1: 高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプーの大部分が高級アルコール系シャンプーです。「高級」という名前は「品質が高い」という意味ではなく、アルコール分類上の名称を指します。高級アルコール系シャンプーには、ラウリル・ラウレス硫酸系の界面活性剤が含まれています。

ラウリル・ラウレス硫酸系の界面活性剤は、泡立ちがよく強い洗浄力が特徴です。しかし、洗浄力が強すぎるために、髪や頭皮に必要な油分まで根こそぎ洗い流してしまい、フケ・かゆみ・肌荒れの原因になり、毛根にダメージを与える可能性が高いのです。

高級アルコール系シャンプーには、「ラウリル」「ラウレス」「硫酸」などの表記があるので、注意しましょう。

その2: 石けんシャンプー

石けんシャンプーに含まれている界面活性剤は、脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムなどです。高級アルコール系シャンプーよりは弱いものの、洗浄力が強く必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

また、石けんシャンプーはアルカリ性のため、頭皮に刺激を与えたり、髪の表面のキューティクルをはがしたりする性質があります。よって、石けんシャンプーの使用後は、クエン酸や専用リンスなどで中和する必要があります。

ただし、「石けんシャンプーで抜け毛が減った」と言う人もいます。そのケースでは、頭皮の毛穴に毛根の働きを悪くする皮脂がつまっており、石けんシャンプーで毛穴の皮脂が取れ、毛根の働きがよくなったためと考えられます。

その3: アミノ酸シャンプー

従来型のシャンプーに対して注目されているのが、アミノ酸シャンプーです。アミノ酸シャンプーには、ラウロイルメチルアラニンナトリウムなどのアミノ酸系界面活性剤が使われています。

アミノ酸系界面活性剤は、頭皮や髪の状態と同じ弱酸性であり、洗浄力はマイルドで頭皮や髪への刺激が少なく、しっとりした洗い上がりが特徴です。敏感肌の人や髪が乾燥しやすい人、抜け毛や薄毛に悩む人に向いています。一方、頭皮をしっかり洗いたい人には向いていません。

その4: シリコンシャンプー

よく「シリコンシャンプーは髪に悪い」といわれていますが、本当でしょうか? シリコンは界面活性剤(洗浄剤)ではなく、髪のコーティング剤です。シリコンには、はげかけたキューティクルや枝毛を補修し、熱や摩擦から髪の毛を守る効果があります。

十分にすすぎをすればシリコンが毛穴につまることはありません。問題は、高級アルコール系シャンプーが、頭皮や髪への刺激をごまかすために、シリコンをコーティング剤として使っていることなのです。

以上のように、シャンプーは界面活性剤の成分によっていろいろな特徴を持っています。自分の頭皮や髪の状態を見極めたうえで、シャンプーを選ぶようにしましょう。