そもそもシャンプーの成分表示って何?

髪や頭皮の清潔、健康を保つために欠かせないシャンプー。皆さんはシャンプーに書かれている成分表示を見たことがありますか?成分表示の見方や避けた方がよい成分について紹介していきたいと思います。

成分表示って?

「シャンプーが自分の髪に合わず悩みがひどくなった」という経験をした方は意外と多いのではないでしょうか?それは、シャンプーによって含まれる主成分が異なるという知識が乏しいためにおこります。

シャンプーに限らず化粧品などさまざまな製品で目にする「成分表示」は、どのようなものを使いその製品がつくられているのかを示しています。正しいシャンプーを選ぶためには、まず表示されている成分の作用を知ることが一番大切なのです。

成分表示の注目ポイント

シャンプー選びの際に重要となる成分表示の見方について紹介していきます。

まずは、成分表示に書かれている順番に注目します。シャンプーの成分表示は、多く含まれている成分の順番に書かれているのが普通です。シャンプーの成分の中で一番多いのは「水」です。そして、その次に書かれている成分が重要なのです。

2番目に書かれている成分は、どのシャンプーでもたいてい洗浄成分の「界面活性剤」です。この「界面活性剤」がシャンプーを選ぶうえで一番気をつけたい成分で、いくつか種類があります。その種類を知っておくことは、シャンプーを選ぶときのポイントとなります。

避けた方がよい界面活性剤って?

界面活性剤の中で避けたほうがよいとされる成分とは何なのでしょうか。市販のシャンプーの成分表示を見てみると、たいてい最初の方に「硫酸」の文字が入る成分が書かれています。

この硫酸系の中でも特に注意したい成分は、「ラウリル硫酸Na」と「ラウレス硫酸Na」です。これらの成分が入るシャンプーは、とても洗浄力が強く、頭皮に必要な脂まで洗い流してしまいます。頭皮が荒れたり、抜け毛の原因になることもあるため、注意が必要です。

このようなことから、硫酸系のシャンプーは避けた方がよいと言えるでしょう。

成分表示から自分に合ったよいシャンプーを選ぼう

現在、アレルギーや健康に支障をきたす可能性がある成分は、103種類あるとされています。たくさんある成分の中で、よい成分、よくない成分を把握しておくことは、シャンプーを選ぶ際にも参考となるでしょう。

成分表示に書かれている「主要成分」からシャンプーの種類を判別し、種類別のメリットとデメリットを知ることが、キレイな髪の毛を手に入れる近道です。

今まで成分表示を気にしなかったあなたも、これからは「成分」に注目してシャンプーを選んでみてください。