シャンプーが原因?フケが出る理由

フケが出るのは頭皮が不健康になっているシグナルです。きちんとシャンプーをしていてもフケに悩まされる場合は、シャンプーがフケの原因となっていることもあります。今回はフケの出る原因とシャンプーとの関連についてお伝えしていきます。

フケが出てしまうのは頭皮のターンオーバーの乱れ

フケはの発生は、頭皮のターンオーバーがなんらかの理由で乱れてしまい、未成熟な頭皮がはがれ落ちてしまうことによるものです。頭皮が健康な場合、頭皮は目に見えないほどの小さい垢となって自然に落ちていきます。

しかし、トラブルを起こしている頭皮では皮膚が成熟できないままではがれてしまい、フケとして固まって落ちてしまうのです。頭皮のターンオーバーが乱れる原因には皮膚の常在菌のバランスや頭皮の出す脂分の量などが大きく関係してきます。

フケが出る原因がシャンプーにある場合も

粉のような乾燥したフケが出る場合、原因はシャンプーの場合もあります。シャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮の油分を取り過ぎてしまい頭皮が乾燥してしまいます。すると皮膚の常在菌のバランスが崩れてしまい、マラセチア菌というフケの原因菌が増加しやすい環境となります。

また、頭皮に合わないシャンプーを使い続けていてかゆみが発生し頭皮にダメージを与えてしまうケースもあります。フケが気になる場合はシャンプー剤自体を見なおしてみるのもひとつの方法です。

シャンプーの方法が間違っていてもフケの原因に

シャンプーの際に髪の毛だけを洗っていて頭皮がきちんと洗えていない場合にもフケの原因となってしまいます。洗い方が足りず頭皮に汚れなどが残った不潔な状態や皮脂過剰な状態になってしまうと皮脂を養分にしてマラセチア菌が増加し、頭皮を刺激してターンオーバーを狂わせます。

この場合、かたまりのような湿った大きめのフケとなってしまうことが多いです。正しいシャンプーできちんと頭皮の汚れや皮脂を取り除くことが重要になります。

フケを防ぐシャンプーってあるの?

フケを防ぐ成分として知られているのはジンクピリチオンやピロクトンオラミンです。これらの成分はフケの原因菌とされるマラセチア菌を殺菌してフケの発生を抑えてくれます。

また、頭皮の皮脂を過剰に奪わない頭皮にやさしい洗浄力のシャンプーを選ぶことも大切です。フケを防ぐシャンプーには殺菌剤やかゆみを抑える成分などが組み合わせて配合されており、頭皮の状態を改善する働きがあります。

毎日のシャンプーは頭皮の健康状態に大きな影響を与えます。フケは頭皮の健康のバロメーターです。もしフケが気になる場合にはシャンプーを見なおしてみることも大切です。