つぶれがちな髪の毛をシャンプーでボリュームアップできる3大テク

最近、髪のハリやコシがなくなってつぶれてしまう…。そんな悩みのある方は、シャンプーを変えることがオススメです。

髪にハリとコシを与えることが、シャンプーでもできる!?

シャンプーでは髪のボリュームアップは無理だと思う人もいますが、アロマの成分は便利に活用できます。ゼラニウムのように肌にも良い効果があるオイルでは、皮脂分泌をコントロールしながら頭皮を柔らかくします。

健やかな頭皮からは健康な髪が生えやすく、今ある髪も根元から立ち上がるほど健全な状態にできます。イランイランというオイルは強壮効果を持っているので、髪の毛の成長を促進させます。

年齢を重ねて衰えた髪も栄養を補って強化できるため、ふんわりした見た目に変わっていきます。こういった成分の入っているシャンプーを選んで使用しましょう。

シャンプーをサポートするブローテクニックも便利!?

シャンプーでも髪の毛にハリやコシを出すことができますが、さらにブローでボリューム感も出せます。髪に栄養が満ちてきて自然とハリも戻ってきますが、それまではブローテクニックを活用して、ふんわりとした仕上がりにするのがオススメです。

シャンプーの後には清潔なタオルで水分を取り除き、ドライヤーを使います。 この時に「根元を完全に乾かす」「立ち上げる様に乾かす」という2つのアプローチで希望通りのスタイルになります。

ドライヤーの熱風はあまり近くから当てると頭皮を乾燥させますので、30cm以上離して、ドライヤーを左右に振りながら当てるのがコツです。

シャンプー後のブローで髪をふんわりと仕上げるテクニックをご紹介

ご紹介したようにシャンプーで栄養を与え、ブローのテクニックを使うとふんわりと仕上げることができます。ここからはブローのテクニックを3つに絞ってご紹介します。

1.シャンプー後のタオルドライが決め手

シャンプー後にはタオルドライをしますが、この段階でも水分をしっかり取り除くのが大切です。ドライヤーの熱でも乾燥しますが、ダメージを減らすことも髪のハリやコシを守ることに繋がるので、髪より頭皮の水分を拭き取って下さい。

2.ドライヤーでは根元を立ち上げるように乾燥

きちんとタオルドライした後は、半乾きになっている髪にドライヤーを使います。ここでも髪より頭皮をしっかり乾かすことを重点的にします。

ロングヘアの人でも、毛先から乾燥させるとダメージが大きくなります。立ち上げるようにして手やブラシで持ち上げながら、ドライヤーで乾かしましょう。

3.緩やかなカールでもボリュームアップ

根元が乾いてきたら髪も乾燥させますが、ブラシや手ぐしでカールするのもオススメです。シャンプーでも徐々にフワッとさせる効果が出ますが、プラスしてカールさせるとボリュームアップして理想通りのスタイルになります。

以上のようにシャンプーとブローのテクニックをミックスして、髪をふんわりさせることができるのでオススメです。