髪や頭皮に優しいと人気のシャンプーはどのような成分が安心!?

髪が本当の意味で、うるおってキレイを実感できるシャンプーって?そんな効果が気になる人には、オススメの選び方があります。

髪にも頭皮にも優しいシャンプーは何の成分が良いのか?

シャンプーにはいくつかのタイプがありますが、今はアミノ酸系シャンプーがオススメされています。「うるおって」と言うシャンプーでもそうですが、天然素材を由来にする成分は頭皮を洗いすぎることなく健やかな状態にできます。

ヤシ油由来の洗浄剤は界面活性剤としても、かなり刺激が弱いので栄養分を失わせることがありません。アミノ酸系洗浄剤の他に安心できるベタイン系洗浄剤も、自然に帰る力があり、人に優しいだけではなく環境にも優しい洗浄成分として活用できます。

赤ちゃん向けのシャンプーとしても使用できて、洗い上がりに髪がうるおっていることが実感できます。

アミノ酸のシャンプーと言うだけでは不十分だった!?

シャンプーでは、アミノ酸系が髪もうるおって安心だと言われます。ここで大切な見分け方があるので、ご紹介しましょう。

まずアミノ酸系シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは、大きな違いがあると言うことです。洗浄剤の原料としてアミノ酸を使用していると、期待通りのマイルドな洗い上がりになります。

ところがアミノ酸配合シャンプーでは、洗浄の素地となる部分が石けん系シャンプーであるケースが多いです。石けん系シャンプーでは髪がきしんだりするデメリットもあり、うるおってしなやかな洗い上がりを期待しても希望通りにはならないことがあるのです。

髪がうるおうシャンプーの選び方で決め手になる成分をご紹介

ご紹介したように髪をうるおってキレイな状態にするには、成分で選ぶ必要があります。ここからは期待通りの仕上がりになる成分をご紹介しましょう。

1.基本の洗浄剤に何を使用しているのか?

髪に優しい洗い上がりにするシャンプーでは、主成分としてココイルグルタミン酸などが使用されています。これは天然の植物由来の界面活性剤です。またラウラミドプロピルベタインは、髪をしなやかにする効果もある界面活性剤でかなり安全性が高いです。

2.アミノ酸「配合」シャンプーはこの成分で見分ける

ラウレスやラウリル硫酸スルホン酸という成分が入っていると、アミノ酸を配合しているだけの石けん系シャンプーだと判断できます。

また石油系洗浄剤の可能性もあり、洗浄力がかなり高くなります。頭皮が乾燥するほど皮脂がなくなり、過剰分泌でベタつきが生じてくるでしょう。

3.界面活性剤は全てダメ!ではなかった

界面活性座はダメだと言われることがありますが、全て使用してはいけないと言うことではありません。その原材料が自然のものなのか石油系など、明らかに肌に悪そうなものなのかで判断が変わります。

洗浄剤として何を配合しているのか明記しなくてはいけないので、事前にチェックして必要のないシャンプーを使用しない選択もできます。

以上のようにシャンプーの洗浄成分を見直すことで、髪がうるおってまとまるシャンプーを選ぶ方法があります。界面活性剤が全てダメージの原因ということではないので、確認することがオススメです。