シャンプーを比較して選ぶポイント3つ

シャンプーなんて、みんな一緒でしょ? そんな考え方では将来の髪が心配なので比較の方法を覚えましょう。

洗浄成分でシャンプーを比較するテクニックがある!?

シャンプーを比べる時は値段だけを見たり、メーカーのうたい文句だけを聞いても仕方がありません。 客観的に比較するには、何の成分が配合されているのかと言うことです。

まず、シャンプーで大切な洗浄力に関わる部分ですね。シャンプーの主成分であるラウリル硫酸Naよりラウレス硫酸Naの方が良質な界面活性剤で、高い洗浄力に加えて低刺激です。シャンプーボトルの成分表記の1番最初に記入してあるのが主な成分です。(ラウレス酢酸というものがありますので注意して下さい。ラウレス酢酸は石鹸です。)

それでも不安な方はコカミドプロピルベタインの様な転園由来の界面活性剤や、ラウラミドDEAの様な非常にマイルドな両性界面活性剤も良いと思います。石鹸シャンプーは洗浄力が強く、刺激がある物もありますので、あまりおススメ出来ません。

美髪成分でシャンプーを比較するテクニックがある!?

髪に美しさを与える成分が入っているのかも比較しましょう。 シリコンがなくても自然由来の成分でコーティングできれば、髪はしなやかでサラサラになります。 ホホバ油やシアバターの様な自然の油分がオススメです。

育毛効果や頭皮を整える成分も、「植物や生薬の名前」+「エキス」と書かれていれば安心です。 例えば、ヒハツエキスなら育毛効果が高い成分として利用できます。

なじみ深いコラーゲンやヒアルロン酸を配合しているシャンプーも、髪を美しくするのに適しています。 ですが、ツバキ油はカラーの入りや、パーマのかかりが悪くなってしまう場合がありますので、使い過ぎに注意しましょう。

比較する3大ポイント

1.洗浄成分を厳選しないと将来、薄毛に?

石油系の界面活性剤は、洗浄力が高いことからシャンプーに添加されている事が多いです。洗いすぎたことで頭皮を乾燥させたり、かゆみやフケの原因になります。アミノ酸系のシャンプーに変える事で優しく洗ってダメージの軽減が出来ます。

2.髪を守る成分を選んでキレイな仕上がりに

点根入来の成分は、その効果が薄いと思われがちですが、毎日のヘアケアで積み重なれば十分に効果を発揮します。シリコンがなくても自然オイルでコーティング出来ますし、保湿や育毛の効果を持つ、生薬系のエキス成分が入っているシャンプーを選びましょう。

ご紹介した様に2つの項目でシャンプーを比較してみると、何が使いやすいのかもわかります。比較し慣れると簡単ですのでオススメですよ。