市販のシャンプーは危険がたくさん!?美容師もオススメの選び方3選

市販のシャンプーでデイリーケアをしているけど、これって大丈夫・・・? そんな不安のある方には美容師の視点で選ぶ方法がオススメです。

市販のシャンプーは危険だというけど一体何がダメなの?

市販のシャンプーはリスクがたくさんと聞きますが、何がダメなのかが分かりにくいですね。 まず、どうしてあんなに安い値段にできるのかを考えましょう。

シャンプーの成分は、最初に水と書かれていて、これが一番多い成分です。 次に来るのが洗浄剤ですが、2番目に多く入っています。

つまり、多く入っている成分を安くできれば、メーカーとしては安く売っても儲けが大きいということです。 安い洗浄成分では、石油系界面活性剤やAES系合成界面活性剤などがあります。 原材料としてはとても安くて、泡立ちが良いので好んで使う人が多いのが現状です。

シャンプーが安く市販されているカラクリがわかれば、選び方も見えてきます。

美容師が考える市販のシャンプーの選び方とは?

美容師は専門的な勉強をしているので、成分や、それが頭皮や髪にどんな影響を及ぼすのかを知っています。 例えば、「AES系の合成界面活性剤が入っていると、頭皮のタンパク質が溶け、毛穴を潰したり髪が生えにくい状態になる」と言うことも知っているのです。

頭皮環境にダメージを出さずに、きちんと洗える市販のシャンプーには、余計な成分は必要ありません。たとえば、ラウリル硫酸Naの様な成分が入っていると髪や頭皮へのダメージが深刻です。 プロが知っている知識を活用しながらシャンプーを選ばないと髪や頭皮の問題はなかなか解決されません。

プロの視点から考える市販のシャンプーの選び方3選

1.NG成分を知るところから始めましょう!

市販のシャンプーでは、使用していない方が良い成分を理解して選びましょう。店頭で気になるシャンプーがあったら、そのメーカーホームページに成分表示があります。その成分名で検索をすると、オススメできない成分なのかが確認できます。NG成分を全て暗記して店頭で確認するのは大変なので、ご自宅で確認できる方法を利用しましょう。

2.ノンシリコンシャンプーの落とし穴とは?

シリコンが入っていないため、ノンシリコンシャンプーと表示できます。ただし、洗浄成分にAES系などの界面活性剤があれば、頭皮へのダメージは深刻になるのです。そのためノンシリコンでも洗浄成分の確認をしてから、市販のシャンプーを購入しましょう。

3.シャンプーは髪のサプリメントと考える

サロンでは髪のコンディションでシャンプーを使ったり、頭皮の健やかさまで考えられています。髪の保湿・補修や頭皮ケアをすることで、仕上がりの良さを実現するのが目的です。安い原材料で泡立ちが良ければ良いという市販のシャンプーとは目指すものが違うので、髪に栄養を与えるサプリメントとして選ばなくてはいけません。

この選ぶポイントを活用しながら、ダメージレスなシャンプーを選ぶようにしましょう。いろいろ調べるのが面倒、という人は行きつけの美容師におすすめのものを聞いてみるというのもよいですね。