そのシャンプー、本当に「育毛シャンプー」と言えますか?

世の中にあふれる、「育毛シャンプー」の文字。「これを使っていれば髪の毛が生える!」と信じて手に取る人も多いはずです。

でも、購入前に、一度冷静になってみてください。

あなたの手に取ろうとしている育毛シャンプー、本当に「育毛」ができますか?

薬事法から見る、「医薬部外品」と「化粧品」の表記の違い

ランキングサイトなどで私たちが目にする「人気の育毛シャンプー」の中には、正しい意味では「育毛シャンプー」と名乗れないものが数多くあります。

これはなぜなのでしょうか。

実は、薬事法の決まりで、「育毛」と名乗れるシャンプーというのは、「医薬部外品」に分類されているものだけ、という決まりがあります。それ以外のシャンプーは「化粧品」に分類されます。

この違いは少しわかりにくいので、少し詳しく説明しますね。

「医薬部外品」に分類されるシャンプーには、以下のような表記が可能です。

・養毛
・育毛
・抜け毛の防止
・発毛を促進する

つまり、育毛剤とまったく同じように書くことができるのです。

反対に、「化粧品」に分類されているものは、上記のような効果を謳うことはできません。

「化粧品」に分類されるシャンプーが表記できるのは、以下のような文言のみです。

・ふけなどを防止する
・頭皮をキレイにする
・髪の毛をしなやかな状態にする

結局のところ、何がどう違うのか

注意深く見ていけば、医薬部外品に分類されるものは「新しい毛を育てる」ことが可能であるのに対し、化粧品に分類されるものはあくまで「頭皮の状態の改善」にとどまっていることがわかります。

つまり、化粧品に分類されているシャンプーの場合、どれだけ丁寧に使おうと、どれだけの時間をかけようと、そしてどれだけの量を使おうと、決して髪の毛が生えてくることはないのです。

化粧品に分類されるシャンプーは、育毛剤などと組み合わせて初めて効果を得られます。

ただ、頭皮の状態が悪いままですと、育毛剤をどれだけ使っても効果が薄いです。育毛剤の効果を最大限に発揮する、という目的で使うのであれば、化粧品のシャンプーも十分に役立ちます。

どうやって選べばいいの?

化粧品に分類されるシャンプーと、医薬部外品に分類されるシャンプーの見分け方は、拍子抜けするほど簡単です。

医薬部外品に分類されるシャンプーの場合、ほぼ確実に、それを大々的に打ち出したホームページを作っているからです。

特段そのような表記がない商品なら、それは「化粧品」に分類されるものである、と考えて間違いありません。

育毛を目的とするのであれば、ぜひ医薬部外品のシャンプーを選んでください。