シャンプーを分析するにはどんな方法をとればいい?

「このシャンプーにはどんな成分が入っていて、それぞれがどんな役割を果たしていて、そしてどんな副作用があるのだろうか?」というのは、誰もが一度は考えたことがあると思います。

今回は、シャンプーの分析方法を考えていくことにしましょう。

もっとも確実なのは、実は自分で調べること

現在インターネット上には、シャンプーを分析したサイトや、シャンプーにランキングをつけて紹介しているサイトなどがたくさんあります。もちろんこれらは情報を集める上で非常に有用ですし、ほかの人の口コミを知る上でも大変役立ちます。

でも実は、シャンプーに限って言えば、「自分で調べる」と言う方法をとった方が確実なのです。

現在販売されているシャンプーの裏面には、必ず「何が入っているか」という成分表記がなされています。原則としては、1番先に書かれているものが最も含有量の多い成分です。

これらの成分を1つずつ、インターネットで調べていくのです。

聞きなれない名称の成分が圧倒的に多いですし、専門用語も飛び交うので、予備知識のない人はとてもとまどうと思います。しかしながら、これを1つずつ検索にかけていけば、それが持っているメリットと、それぞれの成分が持つデメリットがでてくるはずです。

これによって、そのシャンプーを使い続けるか、それとも途中で使用をやめるべきか、という判断がつくようになります。

分析をする上で気を付けたいこと

分析をする上で気を付けてほしいことがあります。それは、「できるだけ公平な視点でものを見る」ということです。

例にとってお話ししましょう。

「髪にとって悪者」とされているシリコンは、ある時期からシャンプーに配合されなくなりました。頭皮や髪の毛にトラブルを起こすリスクがある、とされたからです。

しかしながら、実はシリコンにはメリットもあります。ツヤやかでなめらかで、クシの間をさらさらと流れていくような手触りのいい髪を作ることは、シリコンの得意技です。また、天使の輪などを作ることも得意です。

このように、「悪者」とされているシリコンにもさまざまなメリットがあります。これは一番わかりやすい例を持ってきましたが、美容の業界ではよくあることです。

公平な視点で、その成分のメリットとデメリットを紹介しているページを見つけ、一つひとつ調べていきましょう。これができるようになれば、きっとあなたの髪にとって一番よいシャンプーを見つけられるはずです。