詰め替えならエコに!シャンプーのディスペンサーを選ぶ3大ポイント

エコでコストの負担も軽くなるディスペンサーって面倒なの?使い方や選び方が分かれば、シャンプーも清潔に使用できます。

シャンプーのディスペンサーをデザインや素材から選ぶには?

シャンプーはディスペンサーに入れたいものNo.1となっています。さまざまなデザインがあり迷ってしまいますが、バスルームに置くこともあり、割れる素材は危険です。

軽量で丈夫なのがプラスティック製です。一見してガラスのような透明感を希望するなら、AS樹脂のディスペンサーを選びましょう。

同じプラスティックでも透明感はないものの、カラーが豊富でメッキを使用していないのがABS樹脂です。軽量で非常に扱いやすいでしょう。

クールな印象のステンレスはサビにも強いので、使いやすくなっています。いずれも割れる可能性が少ないため、シャンプーのディスペンサーにはオススメです。

清潔感を重視してディスペンサーを選ぶとしたら?

ディスペンサーはシャンプーを詰め替えながら使用しますので、場合によっては衛生状態が気になります。基本的に詰め替えはシャンプーを使い切って、ディスペンサー内部を乾燥してから入れ替えます。

なかにはシャンプーが少なくなった時に水を入れてかさ増しする方もいますが、雑菌が繁殖します。そのためディスペンサーは透明になっていて、中身の確認ができると安心できます。

樹脂系ではチープ感があって嫌な方には、ホテルでも使用するメラミン樹脂で高級感を出す頃ができます。アクリル系はデザインや色も豊富なので、スタイリッシュなディスペンサーになります。

キレイでスタイリッシュなディスペンサーを選ぶための3大ポイントをご紹介

ご紹介したようにディスペンサーには、希望によって選び方があります。ここからは3大ポイントに絞ってご紹介します。

1.デザインで最適なシャンプーのディスペンサーは?

バスルームを華やかにしてくれる効果もあるので、シャンプーのディスペンサーもデザインは大切です。

そこでボトル自体の色やデザインも重視して選びますが、透明なものではシャンプーの色にも影響されます。普段お使いのシャンプーが入っても変な色にならず、好みのタイプとして使えるのかもチェックしましょう。

2.清潔感から選ぼうとするなら?

シャンプーを長期間入れますので、清潔感もディスペンサーには欠かせません。多湿ななかでもサビに強いステンレス製や、中身のシャンプーに異変があった時、すぐに気が付く透明タイプは管理しやすく安心できます。

できれば毎回洗って、乾燥させてから次のシャンプーを入れましょう。

3.最も重要なのは容量と1プッシュで出る量

見落としがちなポイントがありますのでご紹介しましょう。お使いのシャンプーは詰め替え用で、どのくらいの容量になっていますか?ディスペンサーが小さすぎると、詰め替えシャンプーが入り切りません。

またワンプッシュで出る量もディスペンサーによって違うので、入れ替えたら使い勝手が変わったと言うこともあります。使いやすいディスペンサーにするにも、この2点は確認して下さい。

以上の通り、シャンプーのディスペンサーには選ぶコツがあります。失敗しないためにも確認してステキなディスペンサーを探して下さい。